節税対策

【退職金】小規模企業共済の退職所得控除額の計算方法を解説

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”小規模企業共済を活用することで、掛…

役員報酬の手取りを増やす4つの節税対策

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。役員報酬は、従業員が受け取る”給…

倒産防止共済を前納により年払いする方法・2年目は手続きが必要

以前、当サイトでは、中小企業の経営安定化を目的とした倒産防止共済(経営セーフティ共済)を紹介しました。取…

倒産防止共済の解約手当金(解約返戻金)の返戻率・受取時の税金を解説

以前、当サイトでは、中小企業の経営安定化を目的とした倒産防止共済(経営セーフティ共済)を紹介しました。取…

【節税対策】役員社宅の活用により家賃の50%以上を経費にする方法

役員の節税対策の一つとして役員社宅の活用があります。役員社宅とは、法人名義で物件を契約して、役員(会長、社長、副…

倒産防止共済の節税効果は?年間240万円を全額損金できる

経営者の皆さん、倒産防止共済(経営セーフティ共済)ってご存知でしょうか?倒産防止共済を活用することで、不測の事態…

【節税対策】役員報酬と別に通勤手当を支給しても損金算入できます

自宅から会社までの通勤にかかる費用を支給する"通勤手当"通勤手当には「所得税」「住民税」が非課税になるメリットが…

妻を社会保険の扶養範囲にするなら「非常勤役員」「年収130万円未満」にするべし

同族会社(家族経営の会社)では、妻を役員としているケースが多くあります。なぜなら、妻を役員にすることで所得分散す…

知ってる?延滞税は「予納制度」で減らせます

税金の納付が遅れた日数に応じて、年利2.6〜8.9%(平成30年)の税率で発生する"延滞税"税務調査で過去の申告…

赤字でも消費税はかかる!?免除になる条件とは

売上が1000万円を超えると、原則として消費税を納税する義務が発生します。では、この消費税は、会社が赤字のときで…

消費税の「非課税取引」とは?具体例と間違いやすい取引を徹底解説

当サイトでは、以前に"消費税が課税されない3つの取引「不課税」「非課税」「免税」の違い"について解説しました。…

税理士が消費税の還付を受ける条件を徹底解説

通常、消費税とは国に納めるものですが、還付金として返ってくるケースもあります。この記事では、"消費税の還付金を受…

簡易課税とは?売上5000万円以下なら消費税を節税できる可能性あり

売上が1000万円を超えて、消費税を支払わなければいけなくなった。そんなとき、検討していただきたいのが"簡易課税…

PAGE TOP