税務調査前に自主的に「修正申告」を提出するメリットとは?

「税務調査にお伺いしてもよろしいでしょうか?」

税務署から税務調査の事前通知を受けたときは、必要書類の準備や見直し作業を行うことになります。

その際、過去の申告内容に明らかな間違いが見つかった場合、税務調査前(実地調査前)に修正申告をすべきでしょうか?

明らかな間違いなら自主的に「修正申告」すべき

先に結論を言っておくと、明らかな間違いなら自主的に「修正申告」すべきです。

なぜなら、

罰金(過少申告加算税)が軽減される可能性があるから

です。

芦屋会計
特に

  • 売上の期ずれ
  • 売上の漏れ
  • 私的な支払いが経費に含まれていないか
  • 在庫の計上漏れ
  • 人件費の水増し

などは、税務調査時に重点的にチェックされる項目です。

ここで明らかな間違いが見つかったなら、税理士と相談しながら事前に「修正申告」を行うことを検討すると良いでしょう。

罰金(過少申告加算税)が軽減

過少申告加算税とは、本来の税額より少ない金額で申告した場合に科される”罰金”です。

この罰金は、修正申告を提出する時期によって変わり、過少申告加算税では次のようになります。

過少申告加算税の罰金について
修正申告等の提出時期 加算税率
(1)税務調査の事前通知前に自主的に「修正申告」を提出 0%
(2)税務調査の事前通知後に自主的に「修正申告」を提出 5%(50万円以下の部分)
10%(50万円を超える部分)
(3)税務調査後に「修正申告」「更生」があった場合 10%(50万円以下の部分)
15%(50万円を超える部分)

この内、税務調査の「事前通知後 〜 税務調査前(実地調査前)」に修正申告を提出したときが(2)となります。

芦屋会計
税務調査前(実地調査前)に「修正申告」を提出することで

  • 50万円以下の部分:10% → 5%
  • 50万円を超える部分:15% → 10%

加算税率が5%軽減されることが分かります。

税務調査前に修正申告を提出すると罰金はいくら軽減される?

続いて、修正申告を提出する時期によって、罰金(過少申告加算税)を含めた”納税額”はどのくらい変わってくるのか?

具体的な数値を当てはめて、先ほどの(1)〜(3)でシュミレーションしてみます。

条件は、過去の申告書を見直した結果、次のような過少申告(本来の税額より少ない金額で申告した場合)が見つかったケースです。

  • 申告納税額:300万円
  • 本来納税すべき税額:500万円
芦屋会計
本来は500万円の税金を納める必要があったのに、過少申告により300万円しか納めていなかったケースとなります。

(1)税務調査の事前通知前に自主的に「修正申告」を提出

このとき、加算税率は0%になります。

本税

500万円 − 300万円 = 200万円

罰金(過少申告加算税)

50万円 × 0% + 150万円 × 0% = 0円

合計

200万円 + 0万円 = 200万円 + 延滞税

芦屋会計
自主的に修正申告を提出したため、罰金(過少申告加算税)は発生しません。

過少申告により”減らした分の税金”だけ納税すれば良いとされています。

(2)税務調査の事前通知後に自主的に「修正申告」を提出

このとき、加算税率は

  • 5%(50万円以下の部分)
  • 10%(50万円を超える部分)

となります。

本税

500万円 − 300万円 = 200万円

罰金(過少申告加算税)

50万円 × 5% + 150万円 × 10% = 17万5,000円

合計

200万円 + 17万5,000円 = 217万5,000円 + 延滞税

芦屋会計
税務調査の”事前通知”をきっかけとして、修正申告を提出したとみなされるため、罰金17万5,000円を余分に納めなければなりません。

(3)税務調査後に「修正申告」「更生」があった場合

このとき、加算税率は

  • 10%(50万円以下の部分)
  • 15%(50万円を超える部分)

となります。

本税

500万円 − 300万円 = 200万円

罰金(過少申告加算税)

50万円 × 10% + 150万円 × 15% = 27万5,000円

合計

200万円 + 27万5,000円 = 227万5,000円 + 延滞税

芦屋会計
税務調査官に指摘されて「修正申告」「更生」したため、(2)のケースと比べて、罰金は17万5,000円 → 27万5,000円と”10万円”も増えてしまいました。

過去の申告内容を間違った理由を用意しておこう

先ほどお伝えしたとおり、税務調査の「事前通知後 〜 税務調査前(実地調査前)」に修正申告をすることで、余計な罰金(過少申告加算税)を減らすことが可能です。

ただし、税務調査時に「なぜ、過去の申告内容が間違っていたか」は問われることになります。

例えば、税務調査の事前通知があったので帳簿を見直していたら、計算間違えや漏れが見つかったなど、顧問税理士と相談しながら矛盾なく説明できるようにしておきましょう。

芦屋会計
大切なことは、税務調査官に「税金を減らしたかったから、意図的に売上をごまかした」と思われないようにすることです。

最悪の場合、意図的な事実の隠蔽や仮装をしたと判断され、過去7年間にさかのぼって税務調査が実施されたり、最大40%の重加算税が科せられたりする可能性があります。

最後に

税務調査では、事前通知があった後の迅速な対応が重要になってきます。

もし、過去の申告内容を見直して、明らかな間違いを発見したのであれば、税務調査(実地調査)の日までにできるだけ早いタイミングで「修正申告」を提出しましょう。

このちょっとしたことで数十万円単位の追徴課税を減らせるかもしれません。

弊社では、税務調査によって過大な課税がなされないように法人・個人の皆さまを全力でバックアップいたします。

「税務調査の連絡が入った・・・」

「正しく申告しているか不安・・・」

「事前対策はどうすればいいだろう・・・」

「追徴課税を受けそうだけどどうすれば・・・」

など、税務調査など税務全般に関して不安のある方は、お気軽にご相談ください。

>>税理士への無料相談・お問い合わせはこちら

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

どんな些細な疑問でも、お気軽にお問い合わせください。

※直接電話またはメールフォームでお問い合わせいただければ、ホームページでは公開できない節税対策をお伝えすることも可能です。

無料相談・お見積りはこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

関連記事

  1. 税務調査の法的根拠「質問検査権」とは?
  2. 税務調査で嘘はダメ!最大で1年間の懲役または50万円の罰則も
  3. 税務調査は無申告でも来る?最大40%の重加算税も
  4. 税務調査の「修正申告」と「更生」の違いを徹底解説
  5. 税務調査の実施時期はいつ?9〜12月が多い
  6. 税務調査がアポなし(無予告調査)で入った時の正しい対処法
  7. 税務調査って赤字決算の法人にも来るの?
  8. 税務調査の追徴課税が払えない場合ってどうなるの?

PAGE TOP