税務調査で青色申告取り消しとなる5つのケース

確定申告の方法の1つである「青色申告」は、

  • 青色申告特別控除(最大65万円の特別控除)
  • 青色申告者の専従者控除(家族・親族の給料を経費に算入)
  • 欠損金の繰越控除(赤字を翌年以降の黒字と相殺)
  • 少額減価償却資産の特例(30万円未満の資産の購入費を一括計上)

といった特典を受けることができるメリットの多い申告方法です

しかし、青色申告は、国が定めた方法できっちり申告しないと取り消されることもあります。

この記事では、青色申告が取り消される具体的なケースをご紹介したいと思います。

青色申告が取り消しとなる5つのケース

青色申告が取り消される代表的なケースは、次の5つです。

1、帳簿書類を提示しない場合

青色申告の特典を受ける条件として、帳簿書類の記録と保管が義務付けられています。

そのため、税務調査が来たとき、帳簿書類の提示を求められれば、それに応じなければなりません。

もし、

  • 帳簿書類が存在していない
  • 帳簿書類の提示を拒否した

といった場合は、青色申告の取り消し対象となります。

なお、青色申告の取り消し対象は、提示しなかった中で”最も古い事業年度以降”となります。

例えば、平成27年、平成29年の帳簿書類が提示できなかった場合は、平成27年以降の青色申告がすべて取り消されてしまいます。

芦屋会計
帳簿とは、取引(売上、仕入れ、経費など)の内容を記録するものです。

青色申告では、原則としてより専門性の高い「複式簿記」という方法で帳簿を付けていく必要があります。

2、帳簿が法令に則った記載方法ではない場合

青色申告を受けるには、

  • 帳簿(複式簿記)
  • 貸借対照表、損益計算書、棚卸表など
  • 領収証、小切手控、預金通帳、借用証など

といった書類を一定のルールに則って、作成・保存しなければなりません。

もし、提出した書類に不備があり、税務署からの改正指示に従わなかった場合は、青色申告の取り消し対象となります。

3、所得の隠蔽や仮装があった場合

税務調査などにより所得の隠蔽や仮装が見つかった場合は、青色申告の取り消し対象となる可能性があります。

条件

青色申告の取り消し対象となる条件は、不正所得金額(不正欠損金額)が

  • 当初申告した所得金額の50%超
  • 500万円以上

のすべてに該当するときです。

芦屋会計
例えば、所得を2,000万円で申告し、その後、税務調査で1,000万円超の脱税が見つかった場合、青色申告の取り消し対象となるということです。

例外

ただ、上記の条件に該当していたとしても、その事業年度前の7年以内に

  • 青色申告の取り消し処分を受けていない
  • 過去の税務調査の不正所得金額(不正欠損金額)が500万円未満

のすべてに該当する場合は、“適正な申告”を行う旨を申し出をすることで青色申告の取り消しが見合わせとなります。

4、2期連続で申告書を期限内に提出しなかった場合

2期連続で申告書を期限内(2月16日~3月15日)に提出しなかった場合は、青色申告の取り消し対象となります。

芦屋会計
そもそも申告書を提出しなかったり、期限後に提出した場合が該当します。

5、帳簿書類に不備がある場合

帳簿書類に不備があるため、推計によらなければ正しい所得金額の計算ができない場合、青色申告の取り消し対象となります。

芦屋会計
会計の知識が十分でない方が帳簿書類を作成したときに起こり得るものです。

このような指摘を受けないために税理士に相談することをおすすめします。

税金に関する無料相談はこちら

青色申告が取り消されたらどうなる?

青色申告が取り消されたとしても、再申請することは可能です。

ただし、1年間は再申請ができなくなります。

2期連続で申告期限に遅れた場合

では、2期連続で申告期限に遅れたことにより、青色申告が取り消されてしまった場合を考えてみましょう。

例えば、

  • 平成26年3月期
  • 平成27年3月期

の2期連続で申告期限に遅れてしまったとします。

この場合、平成28年の2月に「青色申告の承認の取消通知書」が届き、平成27年の青色申告が取り消されてしまいます。

その後、1年間は青色確定の再申請ができず、平成29年3月に再申請が可能になります。

青色確定の適用は、再申請の翌期となるため、承認されれば、平成30年3月期から青色申告が適用されます。

芦屋会計
少しややこしいですね。

分かりやすく表にまとめると、次のとおりです。

年度
平成26年3月期 期限後申告 青色申告
平成27年3月期 期限後申告
※平成28年2月に「青色申告の承認の取消通知書」が届く
白色申告
平成28年3月期 期限内申告 白色申告
平成29年3月期 期限内申告
※平成29年3月に「青色申告の再申請」をする
白色申告
平成30年3月期 期限内申告 青色申告

※期限後申告とは、申告書を期限内(2月16日~3月15日)に提出しなかったことをいいます。

最後に

欠損金の繰越控除など、様々な特典が受けられる”青色申告”

しかし、一旦、青色申告が取り消されると、1年間は再申請することができなくなります。

これは、法人にとっても、個人事業主にとっても、大きな損失です。

だからこそ、青色申告が取り消されないように最大限の注意を払いたいことろ。

弊社では、青色申告が取り消されないように法人・個人の皆さまを全力でバックアップいたします。

  • 帳簿のつけ方
  • 申告内容
  • 税務調査

など、税務に関して不安のある方は、お気軽にご相談ください。

>>税理士への無料相談・お問い合わせはこちら

The following two tabs change content below.

芦屋会計事務所 編集部

本サイトは、芦屋会計事務所 編集部によって執筆・運営されています。税務・経理、節税対策、会社設立など"税金"に関するお役立ち情報を発信中。近畿エリア限定で当事務所に在籍する専門スタッフ・税理士への相談も無料で受け付けています。お気軽にご相談ください。

最新記事 by 芦屋会計事務所 編集部 (全て見る)

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

税務調査に強い税理士に立会いを依頼しよう!大阪府の報酬・費用相場は?

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

近畿エリアで税理士をお探しならお任せください!

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

>節税に強い税理士事務所「芦屋会計事務所」の顧問料金表はこちら

初年度決算料0円!税理士の変更は難しくありません!

このような不満はありませんか?

  • ・サービスの割に料金が高すぎる。
  • ・節税の仕方を教えてくれない、アドバイスがない。
  • ・雰囲気・年齢が合わない、話しづらい。
  • ・質問・相談に対する回答が遅い。
  • ・税務調査の対応に不満・不安を感じる。

私たち芦屋会計事務所はこのような不満を解消致します!

当然、当然、税理士の変更に不安はつきものです。

このような不安やリスクを解消し、弊所サービスをよく知って頂くきっかけとして、初年度決算料0円としました。

現在の税理士事務所と比較してみて下さい。

顧問税理士を変更したい方はこちら

 

関連記事

  1. 税務調査の「修正申告」と「更生」の違いを徹底解説
  2. 税務調査で嘘はダメ!最大で1年間の懲役または50万円の罰則も
  3. 税務調査に強い税理士に立会いを依頼しよう!大阪府の報酬・費用相場…
  4. 税務調査の追徴課税が払えない場合ってどうなるの?
  5. 税務調査で売上漏れが発覚!最大40%の重加算税も
  6. 税務調査の推計課税とは?計算方法や要件を徹底まとめ
  7. 税務調査がアポなし(無予告調査)で入った時の正しい対処法
  8. 【税務調査】反面調査とは?内容次第では拒否できる

所長のごあいさつ

こんにちは、芦屋会計事務所 代表税理士の椎名哲士です。

このホームページは中小企業の経営者の方々やこれから起業しようとする方を支援させていただくために作りました。常に新しい情報を追加する予定です。

このサイトで、あなた様が経営についてのヒントを少しでも見つけていただけたら、私達の目的は達成します。

所長のごあいさつ >

運営事務所

顧問料1万円からの会計事務所
大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP