30万円未満なら一括償却「少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」を解説

今回は、減価償却資産を一括で損金算入できる特例について解説します。

日本の税制では、パソコン、エアコン、ソフトウェア、自動車、機械・器具といった高額商品は、一定のルールを用いて数年がかりで経費計上していく必要があります。

高額商品の基準となる金額は、10万円です。

例えば、購入したパソコンが10万円未満(9万9,999円)であれば、その年に全額経費として計上できます。

一方、購入したパソコンが20万円(10万円以上)であれば、

  • 1年目:5万円
  • 2年目:5万円
  • 3年目:5万円
  • 4年目:5万円

といった具合に数年にわたって経費として算入しなければなりません。

そのため、高額商品の購入により現金が出ていくことになりますが、その年に経費として認められるのは一部であり、その分だけ税金の負担が大きくなります。

そこで活用したいのが少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例です。

これにより高額商品であっても一括で損金算入できるようになります。

減価償却とは

まずは、減価償却について簡単におさらいしましょう。

減価償却とは、業務のために用いられる建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産を一定のルールを用いて数年がかりで経費計上すること方法です。

これは、減価償却資産として取得したものは、時の経過や使用とともに価値が減少する(=価値が減少した分を経費に計上する)という考え方からです。

そのため、時を経過しても価値が減少しない資産(土地や骨とう品など)は、減価償却資産には該当しません。

取得価額10万円未満は消耗品費

取得価額が10万円未満(もしくは使用可能期間が1年未満)は、減価償却資産ではなく消耗品費として一括で経費に計上できます。

なお、取得価額は、通常「1セット」で判定します。

例えば、応接セットは、テーブルと椅子が1セットで取引されるため、テーブルと椅子の合計額で判定されることになります。

芦屋会計
例えば、ノートパソコンを8万円で購入した場合は、その年に8万円を経費として計上することが可能です。

取得価額20万円未満は一括償却資産

取得価額が10万円以上~20万円未満は、一括償却資産として3年間の均等償却ができます。

商品の種別によっては償却の前倒しができ、法定耐用年数を調べる手間も省けることが可能です。

法定耐用年数

取得価額が10万円以上で「一括償却資産」の選択をしなかった場合は、財務省令が定める法定耐用年数に応じて経費に計上していきます。

一例をあげると次のとおりです。

法定耐用年数の一覧表
種別 法定耐用年数
自動車
(総排気量が0.66リットル以下のもの)
4年
自転車 2年
パソコン 4年
コピー機・複合機 5年
防犯カメラ 6年
冷蔵庫・冷凍庫 6年
業務用エアコン 6〜15年
芦屋会計
例えば、社用車(軽自動車)を購入した場合は、4年かけて経費に計上していくことになります。

計算方法

減価償却資産を「法定耐用年数」を用いて経費に計上するときは「定額法」または「定率法」のいずれかが用いられます。

定額法

定額法とは、毎年同額の償却費を計上していく計算方法となります。

計算式は、次のとおりです。

年間の償却費 = 取得価額 × 定額法の償却率

例えば、定額法を用いて100万円を5年で減価償却する場合は、次のようなグラフになります。

定率法

定率法とは、初めの年ほど償却費が多く、年とともに減少する計算方法となります。

計算式は、次のとおりです。

年間の償却費 = 未償却残高 × 定率法の償却率

※上記の金額が償却保証額に満たなくなった年分以降は「改定取得価額 × 改定償却率」の計算式となります。

例えば、定率法を用いて100万円を5年で減価償却する場合は、次のようなグラフになります。

少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例

ここから本題の「少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」について解説していきます。

少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例とは、取得価額30万円未満の減価償却資産を購入した場合、一定の要件のもとに一括で経費に計上できる特例です。

通常、取得価額10万円未満で一括償却できますが、特例を利用すれば高額な減価償却資産もその年に経費として全額を計上できるようになります。

要件

少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例は、原則として中小規模の法人または個人事業主・フリーランスが対象です。(大企業は適用できません。)

具体的な要件は、

  • 事業用に取得すること
  • 青色申告書を提出していること
  • 法人の場合は連結法人には該当せず「資本金額または出資金額が1億円以下の法人」かつ「常時雇用人数が500人以下の法人」であること
  • 年間300万円以内であること

になります。

特に注意が必要となるのは、この特例を適用できるのは年間300万円以内という点です。

例えば、パソコン(1台20万円)を20台を購入する場合、一括で経費計上できるのは15台まで(20万円 × 15台 = 300万円)となります。

残りの5台については、減価償却資産として法定耐用年数の4年に分けて分割して経費に計上しなければなりません。

芦屋会計
少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例は、令和2年3月31日までの取得などを対象とされていましたが、令和2年度税制改正により2年間(令和4年3月31日まで)延長されました。

これに伴い常時雇用人数の要件が1,000人 → 500人に引き下げられ、連結法人は対象外となっています。

最後に

通常、10万円以上の高額商品を購入した場合は、経費を数年がかりで経費に計上していく必要があります。

例えば、その年の利益が100万円の見込みがあり、仕事に必要な機材を100万円分購入したケースを考えてみましょう。

通常であれば、

  • 利益:100万円
  • 経費:100万円

であることから最終利益は0円となり、税金の支払いは発生しません。

しかし、機材が10万円以上の高額商品の場合は、一部しか経費として認められず、税金の支払いが発生することになります。

そんなときに「少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」を利用すれば、税金の負担を少なくでき、手元の資金を増やすことが可能です。

もちろん、そこまで利益が上がっていないのであれば、減価償却資産として数年がかりで経費として計上するのも良いでしょう。

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

近畿エリアで税理士をお探しならお任せください!

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

>節税に強い税理士事務所「芦屋会計事務所」の顧問料金表はこちら

初年度決算料0円!税理士の変更は難しくありません!

このような不満はありませんか?

  • ・サービスの割に料金が高すぎる。
  • ・節税の仕方を教えてくれない、アドバイスがない。
  • ・雰囲気・年齢が合わない、話しづらい。
  • ・質問・相談に対する回答が遅い。
  • ・税務調査の対応に不満・不安を感じる。

私たち芦屋会計事務所はこのような不満を解消致します!

当然、当然、税理士の変更に不安はつきものです。

このような不安やリスクを解消し、弊所サービスをよく知って頂くきっかけとして、初年度決算料0円としました。

現在の税理士事務所と比較してみて下さい。

顧問税理士を変更したい方はこちら

 

関連記事

  1. 簡易課税とは?売上5000万円以下なら消費税を節税できる可能性あ…
  2. 知ってる?延滞税は「予納制度」で減らせます
  3. 【確定申告】青色申告の事業専従者給与で節税対策!配偶者控除や源泉…
  4. 税理士が消費税の還付を受ける条件を徹底解説【節税対策】
  5. 妻を社会保険の扶養範囲にするなら「非常勤役員」「年収130万円未…
  6. 【節税対策】役員社宅の活用により家賃の50%以上を経費にする方法…
  7. 【節税対策】役員報酬と別に通勤手当を支給しても損金算入できます

運営事務所

大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

お問い合わせ >

PAGE TOP