節税対策

役員報酬の決め方

「役員報酬の支給額ってどのくらいが良いんだろう?」新しく会社を設立した場合、原則3ヶ月以内にご自身や役員の役員報…

役員退職金を同じ会社から2回目に支給する注意点【分掌変更】

退職金は、老後生活の原資になるという側面から非常に税金が優遇されている所得です。会社を退職した役員(取締役、会計…

【副業の節税対策】事業所得の赤字と給与所得を損益通算できる?

ここ数年、政府の働き方改革の影響などにより副業を解禁する企業が徐々に増えています。これに伴ってサラリーマンの働き…

役員退職金は節税対策に効果的!功績倍率や分掌変更も解説

退職金は、老後生活の原資になるという側面から非常に税金が優遇されている所得です。例えば、10年間で「毎年の給与所…

役員報酬と事業所得の違い(比較)

これから会社を設立(法人成り)しようと思っている。それなら事業者が得る報酬である「役員報酬」と「事業所得」の違い…

【確定申告】青色申告の事業専従者給与で節税対策!配偶者控除や源泉徴収に注意

個人事業主(フリーランス)として事業を営んでいる。それなら青色申告の専従者給与を活用できるか検討しましょう。…

30万円未満なら一括償却「少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」を解説

今回は、減価償却資産を一括で損金算入できる特例について解説します。日本の税制では、パソコン、エアコン、ソフトウェ…

会社設立初年度の役員報酬はいつから支給すべき?定期同額給与に注意

会社設立初年度の役員報酬はいつから支給すべきだろう?会社設立初年度は、売上や経費の見通しが立たないことから役員報…

倒産防止共済は法人成り後も引継ぎできる!継承の条件まとめ

中小企業の経営安定化を目的とした国の救済制度"倒産防止共済(経営セーフティ共済)"取引先が倒産するなど”不測の事…

【保存版】小規模企業共済で節税対策!年間84万円を所得控除できる

経営者の皆さん、小規模企業共済ってご存知でしょうか?小規模企業共済を活用することで、個人事業主やフリーランス、小…

小規模企業共済の貸付制度とは?利率・限度額・返済方法・借り換えなど

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”掛金の全額(最大で年間84万円)を…

小規模企業共済の共済金(解約手当金)の分割受取を解説!回数や税金など

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”小規模企業共済を活用することで、掛…

小規模企業共済の老齢給付とは?条件や受取方法(一括・分割)まとめ

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”掛金の全額(最大で年間84万円)を…

【退職金】小規模企業共済の退職所得控除額の計算方法を解説

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”小規模企業共済を活用することで、掛…

小規模企業共済の共同経営者(事業専従者)の要件とは?配偶者も加入できる?

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”小規模企業共済を活用することで、掛…

1 2 3 4

所長のごあいさつ

こんにちは、芦屋会計事務所 代表税理士の椎名哲士です。

このホームページは中小企業の経営者の方々やこれから起業しようとする方を支援させていただくために作りました。常に新しい情報を追加する予定です。

このサイトで、あなた様が経営についてのヒントを少しでも見つけていただけたら、私達の目的は達成します。

所長のごあいさつ >

運営事務所

顧問料1万円からの会計事務所
大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP