会社設立初年度の役員報酬はいつから支給すべき?定期同額給与に注意

会社設立初年度の役員報酬はいつから支給すべきだろう?

会社設立初年度は、売上や経費の見通しが立たないことから役員報酬の決め方も難しいものです。

役員報酬が高すぎると運転資金が不足しますし、役員報酬が低すぎると利益が増えすぎて法人税の負担が重くなる事態に陥ってしまいます。

しかしながら、会社設立初年度の役員報酬は、一定期間内に支給を開始しないと経費にできないので注意が必要です。

この記事では、会社設立初年度の役員報酬の支給すべき時期について解説しています。

会社設立初年度の役員報酬は3ヶ月以内に支給開始

先に結論を言っておくと、会社設立初年度の役員報酬は3ヶ月以内に支給しなければなりません。

例えば、会社設立日が4月1日であれば、設立の日から3ヶ月が経過する”6月30日まで”に役員報酬の支給を開始する必要があります。

役員報酬は定期同額給与のルールがある

役員報酬を3ヶ月以内に支給開始する理由は、役員報酬の定期同額給与のルールによるものです。

定期同額給与とは、

  • 定期(=毎月)
  • 同額(=同じ)

給与を支給することを言います。

国税庁ホームページでは、定期同額給与について次のように定義されています。

(1) その支給時期が1か月以下の一定の期間ごとである給与(以下「定期給与」といいます。)で、その事業年度の各支給時期における支給額又は支給額から源泉税等の額を控除した金額が同額であるもの

出典:国税庁「役員給与に関するQ&A」

役員は、会社と雇用関係のある従業員と違って、自身の報酬である「役員報酬」の決定権を持っています。

もし、役員報酬をいつでも自由に決めることができたら

「今期は赤字になりそうだから役員報酬を減額しよう」

「今期は黒字になりそうだから役員報酬を増額しよう」

と簡単に利益を操作できてしまいます。

また、上場企業であれば、株主(会社の所有者)の承認を得ることなく、役員報酬を上げることで”財産の毀損”にも繋がります。

このような弊害を防ぐために役員報酬の変更には一定のルールが設けられています。

定期同額給与では役員報酬の変更は期首から3ヶ月以内とされている

定期同額給与の基本ルールとして

  • 役員報酬を変更できる時期は、期首(事業年度の開始日)から3ヶ月以内

と定められています。

この時期を過ぎてしまうと、基本的には、次の決算月の翌月まで役員報酬の変更はできません。

例えば、3月決算の法人の場合、役員報酬を変更できる時期は”4~6月”の3ヶ月間だけとなります。

芦屋会計
この定期同額給与のルールは、会社設立初年度にも適用されます。

そのため、事業を開始してから3ヶ月以内に役員報酬を決めなければなりません。

会社の経営が著しく悪化した場合は、役員報酬を減額できる

原則、役員報酬は、期首から3ヶ月以内を除いて変更できません。

しかし、「どのような事情があっても役員報酬を変更できない」となると、会社にとっては大きな不利益となることもあります。

そこで例外的に

があった場合は、役員報酬を変更しても損金算入が認められます。

ただし、経営状態が著しく悪化した場合とは、第三者が絡んだ客観的な事情が必要とされており、「計画より利益率が下がってしまったから」といっただけでは役員報酬の減額が認められない可能性があるので注意しましょう。

役員報酬が支払えなかったらどうなるの?

予想以上に会社の資金繰りが厳しく、どうしても役員報酬を支払えない。

通常であれば、役員報酬の支払いが滞った場合、定期同額給与の原則に当てはめれば損金算入ができなくなります。

しかし、

  • 役員報酬を全額支給できない特段の事情(資金繰りが悪化したなど)がある
  • 短期間のうちに実際に役員報酬を支給することが認められる

に当てはまれば、役員報酬の未払い金が損金算入できる可能性があります。

会社設立初年度に役員報酬を高く設定しすぎて資金が足りなくなってしまった。

そんなときでも役員報酬を「未払い金」にすることで切り抜けられる可能性があるので覚えておくといいでしょう。

役員報酬の未払い金は損金算入できる?源泉徴収の扱い方も解説

2018.12.26

最後に

会社設立初年度の役員報酬は、3ヶ月以内に決める必要があります。

逆に言えば、事業開始から3ヶ月目までは役員報酬を決めなくても問題ありません。

そのため、どのくらい利益が出るのか全く予想できない場合は、

  • 1ヶ月目 → 0円
  • 2ヶ月目 → 0円

にしておいて、3ヶ月目に役員報酬を確定させれば良いでしょう。

また、法人税を安くしたいのであれば、役員報酬を調整して、利益を0円に近づける必要があります。

ただし、役員報酬が高すぎれば、個人の税率が高くなると同時に社会保険料も上がってしまうデメリットがあります。

だからこそ、役員報酬をいくらにすれば、「法人税と個人の税金・社会保険料の総支払金額が安くなるのか?」「節税対策でどのくらい税金が安くなるか?」をしっかりとシミュレーションする必要があります。

その場合は、税務の専門家である私たちに『役員報酬の手取りを増やす節税方法』と合わせてご相談いただければと思います。

>>税理士への無料相談・お問い合わせはこちら

The following two tabs change content below.

芦屋会計事務所 編集部

本サイトは、芦屋会計事務所 編集部によって執筆・運営されています。税務・経理、節税対策、会社設立など"税金"に関するお役立ち情報を発信中。近畿エリア限定で当事務所に在籍する専門スタッフ・税理士への相談も無料で受け付けています。お気軽にご相談ください。

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

近畿エリアで税理士をお探しならお任せください!

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

>節税に強い税理士事務所「芦屋会計事務所」の顧問料金表はこちら

初年度決算料0円!税理士の変更は難しくありません!

このような不満はありませんか?

  • ・サービスの割に料金が高すぎる。
  • ・節税の仕方を教えてくれない、アドバイスがない。
  • ・雰囲気・年齢が合わない、話しづらい。
  • ・質問・相談に対する回答が遅い。
  • ・税務調査の対応に不満・不安を感じる。

私たち芦屋会計事務所はこのような不満を解消致します!

当然、当然、税理士の変更に不安はつきものです。

このような不安やリスクを解消し、弊所サービスをよく知って頂くきっかけとして、初年度決算料0円としました。

現在の税理士事務所と比較してみて下さい。

顧問税理士を変更したい方はこちら

 

関連記事

  1. 【消費税】コンビニのイートインは軽減税率の対象?外食とテイクアウ…
  2. 退職金の税金の計算方法は?勤続年数で控除額が変わる
  3. 【消費税】ウォーターサーバーは軽減税率の対象?
  4. 源泉所得税の納期の特例とは?要件、納付期限、申請書の提出方法など…
  5. 役員報酬を途中から変更できる「業績悪化改定事由」を分かりやすく解…
  6. 【2019年度】ふるさと納税の新制度でルール変更!寄付金の3割・…
  7. 青色申告と白色申告の違いは?メリット・デメリットを解説
  8. 【消費税】レジ導入等に軽減税率対策補助金を活用!最大1000万円…

運営事務所

大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP