役員報酬を途中から変更できる「業績悪化改定事由」を分かりやすく解説

会社の役員になると、給料の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。

役員報酬は、

  • 会社財産の毀損(お手盛りの弊害)
  • 利益調整(節税対策)

などを防ぐために厳しく規制されており、基本的に年1回の定時株主総会でしか変更が認められません。

しかしながら、「どのような事情があっても役員報酬を変更できない」となると、会社にとっては大きな不利益となることもあります。

そこで法人の所得等について定める法人税法では、一定の条件下に限って役員報酬の変更を例外的に認めています。

この記事では、役員報酬の変更が認められる条件の一つである「業績悪化改定事由」についてまとめました。

業績悪化改定事由とは

業績悪化改定事由とは、

  • 会社の経営状況が著しく悪化
  • 上記に類するもの

により、やむを得ず役員報酬を減額しなければならない事情を言います。

このときは、例外的に期の途中であっても役員報酬の変更(減額のみ)が認められます。

国税庁ホームページでは、次のように「業績悪化改定事由」が定義されています。

その事業年度においてその法人の経営状況が著しく悪化したことその他これに類する理由

国税庁:役員給与に関するQ&A

業績悪化改定事由には「客観的な事情」が必要となる

ここで注意していただきたいのが、業績悪化改定事由と認められるためには、原則、第三者による「客観的な事情」が必要となる点です。

具体的には、

  • 株主との関係
  • 取引銀行との関係
  • 取引先等の関係
  • 得意先との関係

などが当てはまります。

芦屋会計
ただ単に「利益が10%減少したから」「業績目標に届かなかったから」「一時的な資金繰りの都合から」などの理由では、役員報酬の減額は認められません。

株主との関係

こちらは、経営状況が著しく悪化したため、株主との関係上、経営上の責任から役員報酬を減額せざるを得なくなった場合となります。

※ただし、同族企業(創業者の家族や親族など、特定の親族が株の大半を保有している企業)の場合、安易に「株主との関係」を理由に役員報酬を減額すると、税務署から否認される可能性があるので注意が必要です。

取引銀行との関係

こちらは、経営状況が著しく悪化したため、取引銀行とのリスケジュール(金利の引き下げ、返済期間の延期など)が行われ、その中で役員報酬の減額が要請された場合となります。

取引先等との関係

こちらは、経営状況が著しく悪化したため、取引先等との信用を維持・確保する必要性から、経営改善計画が策定され、その中に役員報酬の減額が盛り込まれた場合となります。

得意先との関係

こちらは、売上に占める割合が高い得意先が「1回目の不渡りを出した」「業績悪化により規模を縮小せざるを得ない状況だと判明した」など、数カ月後には売上が激減することが客観的に判断できる場合となります。

芦屋会計
現状は問題なかったとしても、将来的に業績が悪化すると客観的に判断される場合には、業績悪化改定事由が適用できます。

最後に

役員報酬の変更(増額・減額)は、自由にできるのではなく、限られたケースのみ認められます。

もし、役員報酬を適当に決めたことで、

  • 役員報酬が高すぎて、赤字になりそう
  • 役員報酬が低くすぎて、法人税が高くなりそう

といった事態に陥り、勝手に変更をしてしまうと、役員報酬が損金算入できず税金の負担が大きくなります。

芦屋会計
役員報酬を期の途中で変更するデメリットは『役員報酬の変更時期に注意!原則、期首から3ヶ月以内のみ可能』をご覧ください。

法人税を安くするには、役員報酬を調整して、利益を0円に近づける必要があります。

ただし、役員報酬が高すぎれば、個人の税率が高くなると同時に社会保険料も上がってしまうデメリットがあります。

だからこそ、役員報酬をいくらにすれば、「法人税と個人の税金・社会保険料の総支払金額が安くなるのか?」「節税対策でどのくらい税金が安くなるか?」をしっかりとシュミレーションする必要があります。

その場合は、税務の専門家である私たちに『役員報酬の手取りを増やす節税方法』と合わせてご相談いただければと思います。

>>税理士への無料相談・お問い合わせはこちら

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

どんな些細な疑問でも、お気軽にお問い合わせください。

※直接電話またはメールフォームでお問い合わせいただければ、ホームページでは公開できない節税対策をお伝えすることも可能です。

無料相談・お見積りはこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

関連記事

  1. 消費税10%増税後「すまい給付金」の条件が変わる!受取額が最大5…
  2. 【消費税】デリバリー(出前や宅配)は軽減税率の対象?
  3. 役員報酬は確定申告が必要?源泉徴収や年末調整周りの疑問を解決
  4. 役員報酬50万円の手取り額は?所得税・住民税・社会保険料の内訳
  5. 郵便切手代は消費税の課税対象?非課税?
  6. 【消費税】コンビニのイートインは軽減税率の対象?外食とテイクアウ…
  7. 役員報酬が無報酬でも「役員退職金」は支給できるの?
  8. 【役員報酬の決め方】社会保険に加入できる最低額はいくら?

PAGE TOP