商品券を交際費として贈答したときの消費税の取り扱いは?

商品券やギフトカードを取引先に贈答するために購入したけど、この場合の消費税の取り扱いってどうなるのだろう。

この記事では、そんな些細な疑問にお答えしたいと思います。

商品券やギフトカードの購入は”非課税”

先に結論を言ってしまうと、商品券やギフトカード購入時の消費税は”非課税”となります。

芦屋会計
金券ショップなど、どこで購入しても非課税となります。

この他、プリペイドカード、旅行券、映画や遊園地の前売り券、テレホンカード、図書カード、ビール券なども非課税扱いです。

このことは、国税庁ホームページにも記載されています。

交際費については、その支出がお中元やお歳暮のように得意先への贈答品としての物品の購入代金や、得意先の接待のための飲食代の支払である場合には、原則として課税仕入れとなります。
ただし、得意先へ商品券の交付をする場合や、祝金、餞別、弔慰金などを支出した場合には、課税仕入れとなりません。

出典:国税庁ホームページ「寄附金や交際費の取扱い」

非課税の理由

なぜ、商品券などの購入に消費税がかからないのかというと、2重課税を防ぐためです。

もし、商品券の購入時に消費税がかかった場合

【商品券を購入したとき】

【商品を購入したとき(商品券を利用)】

の2重で消費税を支払わなければなりません。

これを防ぐために商品券を購入するときは、非課税となっています。

芦屋会計
商品券を買った場合は”非課税”。

商品券を使って商品と交換した場合は”課税”

ということです。

商品券やギフトカードの贈答は”不課税”

では、商品券を取引先に贈答品として渡したらどうなるのか?というと、こちらは、非課税ではなく、不課税となります。

ただし、商品券を紹介手数料や謝礼など、モノやサービスの対価として取引先に渡した場合は、課税対象となります。

芦屋会計
取引先に贈答品として渡した場合は”不課税”

取引先に対価として渡した場合は”課税”

ということです。

最後に

今回は、商品券を交際費として贈答するときの消費税の取り扱いについて解説しました。

  • 商品券を購入するときは”非課税”
  • 商品券を取引先に贈答するときは”不課税”

となります。

非課税と不課税の違いについては、『消費税の「不課税」「非課税」「免税」の違いを分かりやすく解説』をご覧ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

どんな些細な疑問でも、お気軽にお問い合わせください。

※直接電話またはメールフォームでお問い合わせいただければ、ホームページでは公開できない節税対策をお伝えすることも可能です。

無料相談・お見積りはこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

関連記事

  1. 病気や入院で役員報酬の減額はできる?
  2. 役員報酬を途中から変更できる「業績悪化改定事由」を分かりやすく解…
  3. 消費税増税10%に伴う「経過措置」を分かりやすく解説
  4. 家賃に消費税が課税される条件とは?住宅・店舗・社宅等の扱いを解説…
  5. 役員報酬の未払い金は損金算入できる?源泉徴収の扱い方も解説
  6. 役員報酬の変更時期に注意!原則、期首から3ヶ月以内のみ可能
  7. 郵便切手代は消費税の課税対象?非課税?
  8. 役員報酬は日割り計算できません!

PAGE TOP