ホテルや飲食店のキャンセル料に消費税はかかるの?

今年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大により幅広い業種で経営的に計り知れない打撃がありました。

特に緊急事態宣言の時期を中心にホテルや飲食店では、予約のキャンセル・取り消しが相次いだことでしょう。

さて、一般的にホテルや飲食店をキャンセルした場合は、利用日からさかのぼって一定の割合でキャンセル料が発生します。

例えば、ホテルの予約であれば、当日のキャンセルなら宿泊料の100%、前日なら80%、2~3日前なら50%、4~7日前なら20%といった具合です。

もちろん、新型コロナウイルス感染症の拡大という特殊な状況であることからキャンセル料を取らないケースもありました。

しかし、ホテルにとっては、すでに確保しておいた部屋が売上に繋がらないことで損失が発生することになります。

また、ホテルの食事プランや飲食店の予約であれば、それまで準備していた食材を破棄する必要も生じることから、その損害分のキャンセル料を徴収したケースもあるでしょう。

この記事では、ホテルや飲食店のキャンセル料を受け取ったときの消費税の扱いなどについて解説します。

キャンセル料の消費税は「不課税」のケースもある

顧客からキャンセル料を受け取った場合は、キャンセル料の種類によって扱いが異なります。

具体的には、

  • 解約に伴う事務手数料としてのキャンセル料
  • 逸失利益に対する損害賠償金としてのキャンセル料

の2種類があります。

事務手数料としてのキャンセル料

こちらは、解約手続きに伴う手数料の性格を持つキャンセル料であり、消費税の課税対象となります。

国税庁ホームページには、具体例が紹介されています。

例えば、航空運賃のキャンセル料などで、解約等の時期に関係なく一定額を受け取ることとされている部分の金額は、解約等に伴う事務手数料に該当し課税の対象になります。

出典:国税庁「No.6253 キャンセル料」

損害賠償金としてのキャンセル料

こちらは、本来得ることができたであろう利益がなくなったことの補填金の性格を持つキャンセル料であり、消費税の課税対象にはなりません。

なぜなら、消費税が課税される4つの要件である

  1. 国内において行われる取引
  2. 事業者が事業として行う取引
  3. 対価を得て行う取引
  4. 資産の譲渡、資産の貸付け又は役務の提供

の4番目「資産の譲渡等」に該当しないからです。

先ほど同様、国税庁ホームページで具体例が紹介されています。

例えば、航空運賃のキャンセル料などで、搭乗区間や解約等の時期などにより金額の異なるものは、逸失利益等に対する損害賠償金に該当するので課税の対象となりません。

出典:国税庁「No.6253 キャンセル料」

芦屋会計
ホテルや飲食店のキャンセル料については、基本的に損害賠償金としての性格があることから消費税が発生するケースは少ないでしょう。

事務手数料と損害賠償金としてのキャンセル料

では、キャンセル料に「事務手数料」と「損害賠償金」の両方が含まれている場合は、どうなるのでしょうか?

そのときは、全額を不課税として取り扱うと国税庁ホームページでは案内されています。

ゴルフ場の予約をキャンセルした際に受領するキャンセル料などで、事業者がその全額について事務手数料に相当する部分と損害賠償金に相当する部分を区分することなく一括して受領しているときは、その全額を不課税として取り扱うこととされています。

出典:国税庁「No.6253 キャンセル料」

芦屋会計
キャンセル料について「事務手数料」と「損害賠償金」を区別せずに徴収している場合は、消費税の課税対象外としても問題ありません。[/hukidashi

最後に

今回は、ホテルや飲食店のキャンセル料に消費税が課税されるのかどうかについて解説しました。

一口にキャンセル料といっても

  • 事務手数料
  • 損害賠償金

と性格が若干異なり、消費税の扱いにも影響してくるので予め決めておいたほうが良いでしょう。

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

近畿エリアで税理士をお探しならお任せください!

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

>節税に強い税理士事務所「芦屋会計事務所」の顧問料金表はこちら

初年度決算料0円!税理士の変更は難しくありません!

このような不満はありませんか?

  • ・サービスの割に料金が高すぎる。
  • ・節税の仕方を教えてくれない、アドバイスがない。
  • ・雰囲気・年齢が合わない、話しづらい。
  • ・質問・相談に対する回答が遅い。
  • ・税務調査の対応に不満・不安を感じる。

私たち芦屋会計事務所はこのような不満を解消致します!

当然、当然、税理士の変更に不安はつきものです。

このような不安やリスクを解消し、弊所サービスをよく知って頂くきっかけとして、初年度決算料0円としました。

現在の税理士事務所と比較してみて下さい。

顧問税理士を変更したい方はこちら

 

関連記事

  1. 消費税の「不課税」「非課税」「免税」の違いを分かりやすく解説
  2. 消費税増税10%に伴う「経過措置」を分かりやすく解説
  3. 消費税の中間納付(予定納税)とは?中間申告の時期・回数・計算方法…
  4. 【消費税】医薬品・医薬部外品等は軽減税率の対象?
  5. 商品券を交際費として贈答したときの消費税の取り扱いは?
  6. 消費税は個人事業主でも納付義務あり!売上1000万円以下で免除・…
  7. 軽減税率とは?ややこしい対象商品・品目を総まとめ
  8. 【消費税】おまけ付きのお菓子は軽減税率の対象?一体資産の例

所長のごあいさつ

こんにちは、芦屋会計事務所 代表税理士の椎名哲士です。

このホームページは中小企業の経営者の方々やこれから起業しようとする方を支援させていただくために作りました。常に新しい情報を追加する予定です。

このサイトで、あなた様が経営についてのヒントを少しでも見つけていただけたら、私達の目的は達成します。

所長のごあいさつ >

運営事務所

顧問料1万円からの会計事務所
大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP