節税対策

小規模企業共済の老齢給付とは?条件や受取方法(一括・分割)まとめ

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”掛金の全額(最大で年間84万円)を…

【退職金】小規模企業共済の退職所得控除額の計算方法を解説

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”小規模企業共済を活用することで、掛…

小規模企業共済の共同経営者(事業専従者)の要件とは?配偶者も加入できる?

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である”小規模企業共済”小規模企業共済を活用することで、掛…

倒産防止共済では一時貸付金が担保・保証金なしで借入可能【最大760万円】

以前、当サイトでは、中小企業の経営安定化を目的とした倒産防止共済(経営セーフティ共済)を紹介しました。取…

役員報酬は期中に増額できるの?理由次第では損金不算入になる

社長や役員が受け取る給与の代わりとなる”役員報酬”すでに定時株主総会で役員報酬額を決定したけど、会社の業績が予想…

倒産防止共済の掛金を損金算入する手続き【別表10(6)適用額明細書の書き方】

以前、当サイトでは、中小企業の経営安定化を目的とした倒産防止共済(経営セーフティ共済)を紹介しました。取…

役員報酬を代表取締役に一任する手続き方法【議事録の書き方】

社長や役員(取締役や監査役など)が受け取る給与の代わりとなる”役員報酬”役員報酬を決めるときは、 役員…

小規模企業共済は法人成りで解約すべき?そのまま?

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である"小規模企業共済"掛金の全額(最大で年間84万円)を…

小規模企業共済は20年未満の任意解約(解約手当金)で元本割れする

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である"小規模企業共済"小規模企業共済を活用することで、掛…

小規模企業共済の掛金を減額するデメリット

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である"小規模企業共済"掛金の全額(最大で年間84万円)を…

NPO法人で役員報酬を支給できるのは「役員総数の3分の1」まで

起業をするとき数ある法人形態から選ぶことになりますが、その1つが"NPO法人"となります。NPO法人とは、社会的…

役員報酬の所得税を解説!計算方法・税率・節税方法まとめ

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。では、この役員報酬にかかってくる…

役員報酬の手取りを増やす5つの節税対策

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。役員報酬は、従業員が受け取る”給…

倒産防止共済の減額・払い止め手続き・要件を解説

以前、当サイトでは、中小企業の経営安定化を目的とした倒産防止共済(経営セーフティ共済)を紹介しました。取…

倒産防止共済を前納により年払いする方法・2年目は手続きが必要

以前、当サイトでは、中小企業の経営安定化を目的とした倒産防止共済(経営セーフティ共済)を紹介しました。取…

1 2 3 4

所長のごあいさつ

こんにちは、芦屋会計事務所 代表税理士の椎名哲士です。

このホームページは中小企業の経営者の方々やこれから起業しようとする方を支援させていただくために作りました。常に新しい情報を追加する予定です。

このサイトで、あなた様が経営についてのヒントを少しでも見つけていただけたら、私達の目的は達成します。

所長のごあいさつ >

運営事務所

顧問料1万円からの会計事務所
大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP