節税対策

【節税対策】役員社宅の活用により家賃の50%以上を経費にする方法

役員の節税対策の一つとして役員社宅の活用があります。役員社宅とは、法人名義で物件を契約して、役員(会長、社長、副…

役員報酬50万円の手取り額は?所得税・住民税・社会保険料の内訳

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。役員報酬は、従業員が受け取る”給…

倒産防止共済の節税効果は?年間240万円を全額損金できる

経営者の皆さん、倒産防止共済(経営セーフティ共済)ってご存知でしょうか?倒産防止共済を活用することで、不測の事態…

【役員報酬の決め方】社会保険に加入できる最低額はいくら?

社長や役員が受け取る給与の代わりとなる”役員報酬”この役員報酬は、原則、毎月同じ金額を支給しなければならず、一度…

病気や入院で役員報酬の減額はできる?

社長や役員が受け取る給与の代わりとなる”役員報酬”この役員報酬は、原則、毎月同じ金額を支給しなければならず、一度…

【節税対策】役員報酬と別に通勤手当を支給しても損金算入できます

自宅から会社までの通勤にかかる費用を支給する"通勤手当"通勤手当には「所得税」「住民税」が非課税になるメリットが…

役員報酬の上限・限度額とは?「不相当に高額」な場合は損金不算入

会社を一人で起業した場合、一定の制約(役員報酬の変更時期に注意!原則、期首から3ヶ月以内のみ可能)はあるものの、基本的に…

妻を社会保険の扶養範囲にするなら「非常勤役員」「年収130万円未満」にするべし

同族会社(家族経営の会社)では、妻を役員としているケースが多くあります。なぜなら、妻を役員にすることで所得分散す…

役員報酬の未払い金は損金算入できる?源泉徴収の扱い方も解説

「会社の資金繰りが厳しいから、一時的に役員報酬を未払いにしたい・・・。」一度でもこんなことを考えたことのある経営…

役員報酬で知っておきたい「定期同額給与」の考え方を徹底解説

社長や役員が受け取る給与の代わりとなる"役員報酬"には、定期同額給与という考え方があります。これは、"毎月同じ金…

役員報酬の最低額はいくら?無報酬0円でも問題ない?

会社を新しく立ち上げた。 会社に少しでも資金を残したい 利益がどのくらい出るか分からないという理…

役員報酬は確定申告が必要?源泉徴収や年末調整周りの疑問を解決

「役員報酬を受け取ってるけど、確定申告は必要なの?」法人成りなどにより、今年度から役員報酬を受け取る方には、そん…

役員報酬を途中から変更できる「業績悪化改定事由」を分かりやすく解説

会社の役員になると、給料の代わりに"役員報酬"を受け取ることになります。役員報酬は、 会社財産の毀損(…

役員報酬を途中から変更できる「臨時改定事由」を分かりやすく解説

会社の役員になると、給料の代わりに"役員報酬"を受け取ることになります。役員報酬は、 会社財産の毀損(…

役員報酬は日割り計算できません!

「役員が月の途中で就任した。役員報酬は、日割で計算支払っても良いのか?」今回は、こんなちょっとした疑問にお答えし…

1 2 3 4

所長のごあいさつ

こんにちは、芦屋会計事務所 代表税理士の椎名哲士です。

このホームページは中小企業の経営者の方々やこれから起業しようとする方を支援させていただくために作りました。常に新しい情報を追加する予定です。

このサイトで、あなた様が経営についてのヒントを少しでも見つけていただけたら、私達の目的は達成します。

所長のごあいさつ >

運営事務所

顧問料1万円からの会計事務所
大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP