役員報酬50万円の手取り額は?所得税・住民税・社会保険料の内訳

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。

役員報酬は、従業員が受け取る”給与”と同じく、税法上は給与所得として扱われます。

そのため、役員報酬から

  • 税金(所得税、住民税など)
  • 社会保険料

などが毎月の役員報酬から源泉徴収として天引きされます。

仮に経営者自らが生活のために役員報酬50万円(年収600万円)に設定したとしても、実際に手元に残るお金は天引きされる分ぐっと減ることになるわけです。

この記事では、役員報酬を50万円に設定したときの毎月の手取り額、税金(所得税、住民税など)や社会保険料の内訳、さらには手取り額を増やす方法をまとめています。

役員報酬50万円の手取りは約38.5万円

先に結論を言っておくと、役員報酬50万円の毎月の手取りは、

  • 独身で約38万5,000円
  • 配偶者あり(子供なし)で約39万円
  • 配偶者あり(子供2人)で約40万3,000円

となります。

※会社や地域などによって違ってきますので、あくまでも目安として考えてください。

内訳

次が役員報酬50万円(年収600万円)に設定したときの税金(所得税、住民税など)や社会保険料の内訳になります。

独身

年収 所得税 住民税 社会保険料
600万円 20万8,300円 30万9,000円 86万4,000円
  • 年間の手取り額:461万8,700円
  • 月間の手取り額:約38万5,000円

配偶者あり(子供なし)

配偶者がいるケースとなります。

年収 所得税 住民税 社会保険料
600万円 16万9,800円 27万6,000円 86万4,000円
  • 年間の手取り額:469万200円
  • 月間の手取り額:約39万円
芦屋会計
専業主婦やパートなど年収150万円以下の配偶者がいる場合は、年間38万円の配偶者控除(または配偶者特別控除)により税金が安くなります。

配偶者あり(子供2人)

配偶者と子供が2人(ともに16歳以上)がいるケースとなります。

年収 所得税 住民税 社会保険料
600万円 9万3,800円 20万6,300円 86万4,000円
  • 年間の手取り額:483万5,900円
  • 月間の手取り額:約40万3,000円
芦屋会計
16歳以上の子供がいる場合は、1人あたり年間38万円の扶養控除により税金が安くなります。

補足:この年代の子供は大学進学などでお金がかかることが多いため、税制面で優遇されています。

役員報酬の手取り額を増やす方法

自身の役員報酬を50万円に設定したとしても、手元に残るお金は38〜40万円ほどになることが分かりました。

では、役員報酬の手取り額を増やすためには、どのようにすればいいのでしょうか?いくつか例を紹介していきます。

役員報酬とは別に通勤手当を支給する

自宅から会社まで距離があり、

  • 公共交通機関(電車、バス、新幹線など)
  • マイカー、バイク、自転車

で通勤している場合は、役員であっても通勤手当を支給することが可能です。

例えば、役員報酬50万円から役員報酬48万円(別途通勤手当2万円を支給)に変更したとき総支給額は同じですが、1年間の税金(所得税、住民税)を減らすことができます。

年収 通勤手当 所得税 住民税 社会保険料
600万円 0円 20万8,300円 30万9,000円 86万4,000円
576万円 24万円 18万8,700円 28万8,900円 86万4,000円

※独身の場合の税金となります。社会保険料は、通勤手当も含めて計算することになります。

  • 年間の手取り額:461万8,700円 → 465万8,400円(通勤手当あり)
  • 月間の手取り額:約38万5,000円 → 約38万8,200円(通勤手当あり)
芦屋会計
どちらも総支給額は50万円(年間600万円)と変わりありませんが、年間の手取り額が3万9,700円増加しました。

今後、5年間で19万8,700円の手取り額が増える計算です。

【節税対策】役員報酬と別に通勤手当を支給しても損金算入できます

2019.01.16

配偶者を非常勤役員にする

同族会社(家族経営の会社)では、妻を役員としているケースが多くあり、世帯単位で税金の負担を減らすことができます。

例えば、役員報酬を「夫1人に50万円」から「夫に40万円、妻に10万円」に変更した場合、世帯単位の総支給額は同じですが、1年間の税金(所得税、住民税)は大幅に減らすことができます。

夫1人
年収 所得税 住民税 社会保険料
600万円 16万9,800円 27万6,000円 86万4,000円
  • 年間の手取り額:469万200円
  • 月間の手取り額:約39万円
夫と妻の2人
年収 所得税 住民税 社会保険料
480万円 9万4,300円 19万4,700円 69万1,200円
120万円 8,500円 2万4,500円 0円
  • 年間の手取り額:498万6,800円
  • 月間の手取り額:約41万6,000円
芦屋会計
どちらも総支給額は50万円(年間600万円)と変わりありませんが、年間の手取り額が29万6,600円も増加しました。

妻を扶養にすることで社会保険料の負担をゼロにできているのが大きなポイントです。

妻を社会保険の扶養範囲にするなら「非常勤役員」「年収130万円未満」にするべし

2019.01.04

倒産防止共済(経営セーフティ共済)を活用する

倒産防止共済とは、不測の事態が発生したとき、無担保保・保証人なしでお金を借りることができる国の共済制度です。

年間240万円を上限に掛金を全額損金算入することができ、上手く活用することで”法人税”と”個人の税金”の両方で大きな節税効果が得ることができます。

例えば、倒産防止共済の掛金を10万円として、同じ額を役員報酬から減額。将来、退職金として受け取るようにします。※独身の場合の税金となります。

役員報酬の減額前
年収 所得税 住民税 社会保険料
600万円 20万8,300円 30万9,000円 86万4,000円
役員報酬の減額後
年収 所得税 住民税 社会保険料
480万円 12万7,900円 23万200円 69万1,200円

所得を減らしたことで「税金」および「社会保険料」の合計負担額が26万500円も減りました。

これを6年間続けたとすると、

  • 税金・社会保険料の削減額合計 → 156万3,000円(= 26万500円 × 6年)
  • 倒産防止共済の掛金総額 → 720万円(= 120万円 × 6年)

となります。

この掛金の720万円を役員退職金として支給することにします。

役員退職金の税金は安い

ここで肝となるのが役員退職金の税金の安さです。

役員退職金は、

  • 老後生活の原資になる

という側面から役員報酬と比べて、税金が非常に優遇されています。

勤続年数 退職所得控除額
20年以下 40万円 × 勤続年数
20年超 800万円 + 70万円 ×(勤続年数 – 20年)

例えば、役員退職金1,500万円、勤続年数30年とすれば、税金はかかってきません。

また、役員退職金には社会保険料がかからないのも大きなメリットです。

芦屋会計
この節税方法は、退職を数年後に控えており、役員報酬を減額しても生活に支障のない貯蓄があるときに活用できます。

普通に役員報酬を受け取るより、少しでも多く役員退職金に回したほうが結果的に税金や社会保険料の負担を減らすことができてお得です。

ただし、会社の規模や勤務実態などに対して、あまりに高額な役員退職金を支給すると「不相当に高額」とみなされて損金算入として認められない可能性があるので注意したいところ。

詳しくは『役員報酬が無報酬でも「役員退職金」は支給できるの?』をご覧ください。

最後に

自分の会社とは言え「役員報酬」は、サラリーマンと同じく源泉徴収の対象となり、毎月一定の金額が天引きされます。

一度、役員報酬を決めてしまうと、後から自由に変更はできません。

役員報酬の変更時期に注意!原則、期首から3ヶ月以内のみ可能

2018.11.12

そのため、役員報酬を会社の経営状態以上に支給してしまうと、あまり利益は出ていないのに個人の税金や社会保険料を多く負担しなければならない状況に陥ってしまいます。

少しでも税金などの負担を減らすために当記事でも紹介した「役員報酬の手取りを増やす方法」を活用したいところです。

税金を安くしたいがあまり、虚偽や不正を働くことはいけませんが、弊社では、意味のある節税対策は積極的に行うべきだと考えています。

ホームページでは公開できない節税対策もありますので、税金が高くてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

>>税理士への無料相談・お問い合わせはこちら

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

どんな些細な疑問でも、お気軽にお問い合わせください。

※直接電話またはメールフォームでお問い合わせいただければ、ホームページでは公開できない節税対策をお伝えすることも可能です。

無料相談・お見積りはこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

関連記事

  1. 【消費税】有料老人ホームは軽減税率の対象!1食あたり上限640円…
  2. 役員報酬は確定申告が必要?源泉徴収や年末調整周りの疑問を解決
  3. 郵便切手代は消費税の課税対象?非課税?
  4. 【税金】PayPayの還元額は課税されるの?確定申告が必要になる…
  5. 役員報酬を途中から変更できる「業績悪化改定事由」を分かりやすく解…
  6. 役員報酬の未払い金は損金算入できる?源泉徴収の扱い方も解説
  7. 役員報酬の上限・限度額とは?「不相当に高額」な場合は損金不算入
  8. 消費税のポイント還元とは?キャッシュレス決済で最大5%【理由も解…

PAGE TOP