税務調査後に「再調査」が実施されることはあるの?

心配していた税務調査がやっと終わった!

でも、これで本当に終わりでしょうか?

一度終了した税務調査が「再調査」されることはないのでしょうか?

今回は、そんな税務調査後に「再調査」が実施されることはあるのか?という疑問にお答えしていきたいと思います。

「再調査」が実施されることもある

先に結論を言っておくと、税務調査後に「再調査」される可能性はあります。

ただし、法律上は可能という意味です。

実際、税務調査後に再調査が実施されることは「非常に稀である」と考えていいでしょう。

なぜなら、過去に税務調査の対象となった「科目」「課税期間」については、原則、再び税務調査の対象となることはないからです。

芦屋会計
ただし、取引先の税務調査から新たな事実が判明した場合は、税務調査の「再調査」が実施される可能性があります。

「再調査」が実施される要件

ここで税務調査後に再調査が実施される要件を確認しましょう。

再調査が実施されるケースとしては、税務調査の結果、

  • 納税者が修正申告を提出した
  • 税務調査官が更正処分をした

後のタイミングで新たな事実(脱税行為など)が発覚したときとなります。

法律

税務調査後の再調査については、法律でも次のように定められています。

(調査の終了の際の手続)
第一項の通知をした後又は第二項の調査(実地の調査に限る。)の結果につき納税義務者から修正申告書若しくは期限後申告書の提出若しくは源泉徴収による所得税の納付があつた後若しくは更正決定等をした後においても、当該職員は、新たに得られた情報に照らし非違があると認めるときは、第七十四条の二から第七十四条の六まで(当該職員の質問検査権)の規定に基づき、当該通知を受け、又は修正申告書若しくは期限後申告書の提出若しくは源泉徴収による所得税の納付をし、若しくは更正決定等を受けた納税義務者に対し、質問検査等を行うことができる。

出典:国税通則法第74条の11第6項

芦屋会計
税務調査官は、税務調査が終わった後であっても、新たに得られた情報に照らし非違があると認めるときは、もう一度、質問検査等を行うことができる権利があります。

なお、税務調査官の方から「再調査の理由」を納税者に伝える義務はないとされています。

事務運営指針

さらに国税の内部事務のルールである「事務運営指針」では、次のように定められています。

(6) 再調査の判定
更正決定等をすべきと認められない旨の通知をした後又は調査(実地の調査に限る。)の結果につき納税義務者から修正申告書等の提出若しくは源泉徴収に係る所得税の納付があった後若しくは更正決定等をした後に、当該調査の対象となった税目、課税期間について質問検査等を行う場合には、新たに得られた情報に照らして非違があると認める場合に該当するか否かについて、法令及び手続通達に基づき、個々の事案の事実関係に即してその適法性を適切に判断する(手続通達5-7、5-8、5-9)。

出典:調査手続の実施に当たっての基本的な考え方等について(事務運営指針)

芦屋会計
ここでは、「新たに得られた情報に照らし非違があると認められる場合」の判定について述べられています。

まとめ

税務調査の再調査は、ほとんど行われることはありません。

しかし、法律で税務調査の「再調査」は、明確に規定されています。

だからこそ、税務調査が終わったとしても、税務調査で必要となる書類関係(決算書、帳簿、領収書、請求書など)は、しっかりと法定期限まで整理して保管しておきましょう。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

どんな些細な疑問でも、お気軽にお問い合わせください。

※直接電話またはメールフォームでお問い合わせいただければ、ホームページでは公開できない節税対策をお伝えすることも可能です。

無料相談・お見積りはこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

関連記事

  1. 税務調査の「修正申告」と「更生」の違いを徹底解説
  2. 税務調査がアポなし(無予告調査)で入った時の正しい対処法
  3. 税務調査で売上漏れが発覚!最大40%の重加算税も
  4. 税務調査では何年分の資料を調べられるの?【遡及年数・時効】
  5. 税務調査で青色申告取り消しとなる5つのケース
  6. 税務調査は「お土産なし」でも大丈夫?
  7. 税務調査って赤字決算の法人にも来るの?
  8. 税務調査前に自主的に「修正申告」を提出するメリットとは?

PAGE TOP