税務調査は「お土産なし」でも大丈夫?

「税務調査では、お土産を用意しておく必要がある。」

そんな都市伝説がまことしやかに語られていおり、実際にYahoo・Googleで「税務調査 お土産」と検索される方も多くいらっしゃるようです。

そこで今回は、税務調査で「お土産が必要なのか、お土産なしでも良いのか」その辺りの真相をコラム的にまとめていきたいと思います。

税務調査の「お土産」とは?

ここで言うお土産とは、遠いところわざわざ足を運んでいただいた税務調査官に渡す”お茶菓子”ではなく、帳簿上の軽度な誤りを指します。

これは、税務調査官は、時間をかけて調査に来ているわけだから、何か成果を上げないと帰りづらい。

だから、「わざと帳簿に分かりやすい誤りを記述して、税務調査官に”手柄”を渡して、さっさとお引取り願おう」という考えから行われるものです。

税務調査のお土産は必要なし!むしろ逆効果

先に結論を言っておくと、今の時代、税務調査官に「お土産」を用意しておく必要は一切ありません。

また、税務調査官に指摘されたことを事実ではないにも関わらず、”税務調査を早く終わらせる目的”で安易に受け入れる必要もありません。

むしろ、お土産を用意すると、逆効果になる可能性が高いです。

理由としては、お土産を用意することで

  • 「もっと大きな誤りがないか」疑念を抱かせ、より厳密に調べられる
  • 「調査すれば何か出てくる」という履歴が残り、税務調査が入りやすくなる

可能性があるからです。

芦屋会計
税務調査の期間は、税務署側の都合で1回あたり2〜3日程度と決められているため、お土産があるからとって期間が短縮されることはありません。

仮に税務調査で何も見つからなかったとしても、その調査は申告是認(修正すべき点がない)として、調査がすんなりと終わるだけです。

お土産より「正しい帳簿作成」を心がけよう

今回、ここで解説したとおり、巷で語られているような「お土産」は一切必要ありません。

それより、常日頃から正しい帳簿作成を心がけ、税務調査で「あなたの申告は正しい」と申告是認をもらえる努力をしましょう。

もちろん、ガチガチに帳簿を作成する必要はなく、認められた節税対策は積極的に行うべきです。

この辺りは、税務の専門家である税理士と相談しながら、取り掛かることをおすすめします。

弊社でも合法的に税金の負担を減らす”節税対策”の無料相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

>>税理士への無料相談・お問い合わせはこちら

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

無料相談・お見積りはこちら

>芦屋会計事務所の顧問料金表はこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

 

関連記事

  1. 税務調査がアポなし(無予告調査)で入った時の正しい対処法
  2. 税務調査が入る確率は?法人と個人事業主、業種を比較
  3. 税務調査で黙秘権は行使できるの?
  4. 税務調査で青色申告取り消しとなる5つのケース
  5. 税務調査は無申告でも来る?最大40%の重加算税も
  6. 税務調査の実施時期はいつ?9〜12月が多い
  7. 税務調査の法的根拠「質問検査権」とは?
  8. 税務調査の延滞税とは?計算方法と具体例・シュミレーション

PAGE TOP