税務調査の実施時期はいつ?9〜12月が多い

誰もが嫌がる”税務調査”

以前に

税務調査が入る確率は?法人と個人事業主、業種を比較

2018.07.23

税務調査が入る確率は”3.1%”と紹介しましたが、その中でも多い時期はいつでしょうか?

この記事では、税務調査がよく行われる時期について解説していきます。

税務調査は9~12月が多い

先に結論を言うと、税務調査は1年の中でも9~12月の秋ごろが多いとされています。

なぜなら、

  • 税務署の人事異動が7月

にあるからです。

理由は後ほど詳しく見ていきたいと思います。

とりあえずは、9~12月に税務調査が多いことを頭に入れておきましょう。

芦屋会計
税務署では、企業との癒着を防ぐために”3年に1度”異動があります。

つまり、この時期に税務署内の人員が”1/3″入れ替わるということ。かなり高い割合ですね。

税務調査の時期による違い

税務署では、人事異動が7月に行われるため、7月1日~翌年6月30日までが1つのサイクルとなります。

ここからは、それぞれの期間ごとの税務調査の特徴を見ていきましょう。

【7~8月】税務調査先の選定

人事異動の直後である7月上旬は、6月頃までに提出された申告内容をもとに調査先の選定が行われます。

芦屋会計
7月下旬から税務調査が徐々に行われることになります。

【9~12月】本格的な税務調査

9~12月は、

  • 調査先の選定
  • 人事異動での職務整理
  • 決算書の処理

などが終わり、本格的な税務調査(実地調査)がはじまる時期となります。

この時期は、ある程度大きな会社も税務調査に入られる可能性は大いにあります。

また、赤字でも税務調査に入られる可能性があるため、心の準備をしておきましょう。

税務調査って赤字決算の法人にも来るの?

2018.07.26

この税務調査の「最盛期」は、年末調整などで忙しくなる年末で続くことになります。

芦屋会計
よく税務調査は「秋ごろに多い」と言われますが、こういった事情によるものなのですね!

【1~3月】税務調査はほぼゼロ

1~3月になると、

  • 個人の確定申告
  • 所得税等の確定申告
  • 消費税の申告

などで税務署の職員も多忙になります。税務調査どころではありません。

特に個人の方には「確定申告書の書き方が分からない」という人も多く、担当部門を超えて職員総出で手取り足取り教えていくことになります。

芦屋会計
この時期は、税理士も繁忙期を迎えるため、日程等の調整も難しく、よっぽどのことがない限り税務調査は行われません。

【4~6月】税務調査の再開

忙しかった個人の確定申告などが終わり、やっと通常の税務調査に戻ることができます。

ただ、7月に人事異動があるので、6月下旬には税務調査に決着をつけなければなりません。

そのため、短期間で税務調査が済む小規模な個人事業主や法人を中心に調査をする傾向があります。

芦屋会計
税務調査官もできるだけ早く終わらせたいと考えているので、できるだけ短期間で終わらせるように対応すればいいでしょう。

最後に

いかがでしたか?

税務調査は時期によって違いがあることが分かります。

あくまでも傾向であり、いつ税務調査が入るか分かりませんが、秋ごろは特に注意をしておいた方がいいでしょう。

もし、税務調査が不安であれば、税務調査に強い税理士に相談しておくと良いです。

弊社は、税務調査を優位に進めるノウハウと交渉力を持っています。

「正しく申告しているか不安・・・」

「税務調査の連絡が入った・・・」

「事前対策はどうすればいいだろう・・・」

「追徴課税を受けそうだけどどうすれば・・・」

など不安がありましたら、お気軽にご相談ください。

>>税理士への無料相談・お問い合わせはこちら

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

無料相談・お見積りはこちら

>芦屋会計事務所の顧問料金表はこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

 

関連記事

  1. 税務調査では何年分の資料を調べられるの?【遡及年数・時効】
  2. 税務調査は「お土産なし」でも大丈夫?
  3. 税務調査で黙秘権は行使できるの?
  4. 税務調査の延滞税とは?計算方法と具体例・シュミレーション
  5. 税務調査の推計課税とは?計算方法や要件を徹底まとめ
  6. 税務調査の追徴課税が払えない場合ってどうなるの?
  7. 税務調査で売上漏れが発覚!最大40%の重加算税も
  8. 税務調査がアポなし(無予告調査)で入った時の正しい対処法

PAGE TOP