【消費税】デリバリー(出前や宅配)は軽減税率の対象?

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。

今回、注目したいのは、1989年の消費税導入以来、初めて導入される軽減税率です。

軽減税率とは、食料品など「生活に最低限必要なもの」については、消費税を軽減する制度を言います。

軽減税率(8%)と標準税率(10%)の適用について表にまとめると次のようになります。

分類 軽減税率の適用 消費税率
飲食料品 あり 8%
テイクアウト・宅配 あり 8%
酒類 なし 10%
外食 なし 10%
ケータリング(出張料理等) なし 10%

これまで一律だった消費税率が「飲料の種類」や「飲食の方法」によって変わってくることが分かります。

さて、ここで気になってくるのが、自宅に飲食物を届けてくれるデリバリー(出前や宅配)の扱いについてです。

この記事では、軽減税率の中でも気になるデリバリー(出前や宅配)で提供される食事の軽減税率ついて解説していきます。

デリバリー(出前や宅配)は軽減税率が適用される

先に結論を言っておくと、自宅に飲食物届けてくれるデリバリー(出前や宅配)には、軽減税率8%が適用されます。

例えば、

  • うどん・そば、寿司、うなぎの出前
  • 宅配ピザ、宅配弁当
  • 牛乳配達
  • コープ・生協、ネットスーパーの宅配

などのケースが該当します。

国税庁のホームページでは、デリバリー(出前や宅配)の軽減税率について、次のように回答されています。

Q、そばの出前、宅配ピザの配達は、軽減税率の適用対象となりますか。

A、そばの出前、宅配ピザの配達は、顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けるだけであるため、「飲食料品の譲渡」に該当し、軽減税率の適用対象となります(改正法附則 34①)。
(注) 顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けることは、「食事の提供」には該当せず、また、いわゆる「ケータリング、出張料理」にも該当しません。

出典:国税庁

芦屋会計
ここで言う「飲食料品」とは、人の飲用または食用に提供されるものをいいます。

軽減税率と標準税率の判定の具体例

ここからは、軽減税率(8%)と標準税率(10%)を判定する基準について具体的な例を交えて解説していきます。

社内会議室への飲食料品の配達

→ 軽減税率8%が適用されます。

顧客の指定した場所に飲食料品を届ける場合は、軽減税率8%が適用されます。

ただし、会議室内でスタッフが常駐して食事を加熱・配膳したり、後片付けをしたりする場合は、いわゆる”ケータリング”に該当するため標準税率10%が適用されます。

配達先で味噌汁を取り分け用の器に注いだ場合

→ 軽減税率8%が適用されます。

軽減税率を適用してデリバリー(出前・宅配)したい場合は、配達先で「盛り付け」など、役務の提供がないことが条件となります。

では、宅配先で味噌汁を取り分ける行為がどうなるのか?といえば、飲食料品を譲渡するのに必要な行為とされるため、標準税率10%が適用される「ケータリング」には該当しません。

ピザとビールを宅配してもらった場合

→ ピザは軽減税率8%、ビールは標準税率10%が適用されます。

酒税法に規定する酒類は、軽減税率の対象から外れており、宅配で自宅に届けられるビールも例外ではありません。

芦屋会計
ノンアルコールビールは、酒税法に規定する酒類に該当しないため、軽減税率8%が適用されます。

ウォーターサーバーのレンタル料金および水の宅配料金

→ レンタル料金は標準税率10%、水の宅配料金は軽減税率8%が適用されます。

軽減税率が適用されるのは、あくまでも「飲食料品」についてです。

ウォーターサーバーのレンタルは、「資産の貸付け」に該当するため、軽減税率は適用されません。

最後に

消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。

デリバリー(出前や宅配)については、酒類の提供を除いて、基本的には軽減税率8%が適用されることになります。

店内で料理を提供した場合と消費税率が変わってくるので、経過措置と合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。

その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

軽減税率とは?ややこしい対象商品・品目を総まとめ

2019.08.26

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

無料相談・お見積りはこちら

>芦屋会計事務所の顧問料金表はこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

 

関連記事

  1. 役員報酬は期中に増額できるの?理由次第では損金不算入になる
  2. 役員報酬に残業代を上乗せ支給してもいいの?
  3. 【消費税】軽減税率は遊園地の食べ歩きにも適用される?売店の扱いな…
  4. 役員報酬の最低額はいくら?無報酬0円でも問題ない?
  5. 【軽減税率】消費税の税額計算の特例措置を解説【中小事業者向け】
  6. 役員報酬の未払い金は損金算入できる?源泉徴収の扱い方も解説
  7. 役員報酬を代表取締役に一任する手続き方法【議事録の書き方】
  8. 【消費税】新聞は軽減税率の対象?電子版・書籍・雑誌など

PAGE TOP