【消費税】ウォーターサーバーは軽減税率の対象?

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。

今回、注目したいのは、1989年の消費税導入以来、初めて導入される軽減税率です。

軽減税率とは、食料品など「生活に最低限必要なもの」については、消費税を軽減する制度を言います。

軽減税率(8%)と標準税率(10%)の適用について表にまとめると次のようになります。

分類 軽減税率の適用 消費税率
飲食料品 あり 8%
医薬品・医薬部外品等 なし 10%
酒類 なし 10%

これまで一律だった消費税率が「商品の種類」によって変わってくることが分かります。

ここで気になるのが、最近、一般家庭でも設置されることの多い”ウォーターサーバー”の扱いについてです。

この記事では、軽減税率の中でも少しややこしい「ウォーターサーバー」について解説していきます。

ウォーターサーバーには一部軽減税率が適用される

先に結論を言っておくと、ウォーターサーバーには「消費税率8%の部分」と「消費税率10%の部分」に分かれます。

具体的には、次のような扱いになります。

内容 軽減税率 消費税率
水代 対象 8%
ウォーターサーバーのレンタル代 対象外 10%

このことは、国税庁のホームページ「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別編)」でも記載されています。

Q. 当社は、事業所及び一般家庭に対し、ウォーターサーバーをレンタルしてレンタル料を受け取るとともに、ウォーターサーバーで使用する水を販売して販売代金を受け取っています。このウォーターサーバーのレンタル及びウォーターサーバーで使用する水の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

A. 軽減税率が適用されるのは、「飲食料品の譲渡」であるため、「資産の貸付け」であるウォ-ターサーバーのレンタルについては、軽減税率の適用対象となりません(改正法附則 34①一)。

また、「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、人の飲用又は食用に供されるウォーターサーバーで使用する水は、「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります(軽減通達2)。

出典:国税庁

芦屋会計
ウォーターサーバーの水代は「食品」に該当するため、軽減税率が適用されるということですね。

送料の扱い

ウォーターサーバーを契約すると定期的に送られてくる”水の送料”については「別途送料が発生するかどうか」で軽減税率の扱いが異なってきます。

具体的には、次のような扱いになります。

内容 軽減税率 消費税率
水の料金に送料を含む 対象 8%
水の料金とは別に送料が発生する 対象外 10%
芦屋会計
基本、ウォーターサーバーで毎月かかるコストは、

  • 水(ボトル)代 + 送料
  • ウォーターサーバーのレンタル代
  • 電気代

の3つを合計した金額となります。

なお、電気代は、軽減税率の対象外のため、増税後は消費税率は8% → 10%に上がります。

最後に

消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。

ウォーターサーバーについては、

  • 水代 → 消費税率8%(軽減税率の対象)
  • ウォーターサーバーのレンタル代 → 消費税率10%(軽減税率の対象外)

と扱いが異なり、総合すると一般家庭の負担が重くなります。

ウォーターサーバーの取り扱い店については、消費税の導入をスムーズに行うための経過措置と合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。

その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

軽減税率とは?ややこしい対象商品・品目を総まとめ

2019.08.26

また、消費税増税および軽減税率と合わせて導入された最大5%の「キャッシュレス・ポイント還元事業」も合わせてご覧ください。

消費税のポイント還元とは?キャッシュレス決済で最大5%【理由も解説】

2019.03.14
The following two tabs change content below.

芦屋会計事務所 編集部

本サイトは、芦屋会計事務所 編集部によって執筆・運営されています。税務・経理、節税対策、会社設立など"税金"に関するお役立ち情報を発信中。近畿エリア限定で当事務所に在籍する専門スタッフ・税理士への相談も無料で受け付けています。お気軽にご相談ください。

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

近畿エリアで税理士をお探しならお任せください!

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

>節税に強い税理士事務所「芦屋会計事務所」の顧問料金表はこちら

初年度決算料0円!税理士の変更は難しくありません!

このような不満はありませんか?

  • ・サービスの割に料金が高すぎる。
  • ・節税の仕方を教えてくれない、アドバイスがない。
  • ・雰囲気・年齢が合わない、話しづらい。
  • ・質問・相談に対する回答が遅い。
  • ・税務調査の対応に不満・不安を感じる。

私たち芦屋会計事務所はこのような不満を解消致します!

当然、当然、税理士の変更に不安はつきものです。

このような不安やリスクを解消し、弊所サービスをよく知って頂くきっかけとして、初年度決算料0円としました。

現在の税理士事務所と比較してみて下さい。

顧問税理士を変更したい方はこちら

 

関連記事

  1. 青色申告と白色申告の違いは?メリット・デメリットを解説
  2. 非常勤役員には定期同額給与を支給【報酬が否認されるケース】
  3. 消費税10%増税後「すまい給付金」の条件が変わる!受取額が最大5…
  4. 【消費税】デリバリー(出前や宅配)は軽減税率の対象?
  5. 消費税の小数点以下の端数処理(四捨五入、切り捨て、切り上げ)を解…
  6. 役員報酬の住民税を解説!計算方法・税率・節税方法まとめ
  7. 源泉所得税の納期の特例とは?要件、納付期限、申請書の提出方法など…
  8. 消費税10%増税後「住宅ローン控除(減税)」が13年に延長

運営事務所

大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP