【消費税】ライフラインは軽減税率の対象?電気・水道・ガス・電話など

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。

今回、注目したいのは、1989年の消費税導入以来、初めて導入される軽減税率です。

軽減税率とは、特定の商品の消費税率を低く設定することを言います。

消費税増税による影響が大きい「低所得者」の救済措置を目的としており、日本では生活必需品が軽減税率の対象となっています。

では、生活に必要なインフラ設備である”ライフライン”は、軽減税率の対象になるのでしょうか?

この記事では、軽減税率の中でも特に気になる「ライフライン」について解説していきます。

ライフラインは軽減税率の対象ではない

先に結論を言っておくと、ライフラインは軽減税率の対象にはなりません。

ライフラインには、

  • 電気代
  • 水道代
  • ガス代
  • 電話代
  • インターネット料金

など、都市生活を支えるシステムを指します。

これらは、消費税増税に合わせて8% → 10%に上がります。

芦屋会計
ライフライン(水道光熱費、通信費)として毎月3万円の料金を支払っていた場合は、消費税額が2,400円から3,000円に上がるということです。

  • 1ヶ月で600円
  • 6ヶ月で3,600円
  • 12ヶ月で7,200円

の負担増となり、日々生活費を切り詰めている人にとっては無視できません。

軽減税率は「飲食料品」と「新聞」が対象

軽減税率の対象となるのは「飲食料品」「新聞」の2種類となります。

分類 軽減税率の適用 消費税率
飲食料品
(外食・お酒を除く)
あり 8%
新聞 あり 8%
芦屋会計
新聞が軽減税率の対象であるなら、生命にも関わるライフライン(電気、水道、ガス)も対象と思うかもしれません。

しかし、ライフラインは、消費税増税の影響をきっちりと受けるので注意しましょう。

ミネラルウォーターは軽減税率の対象となる

水道代は、軽減税率の対象ではありません。

しかし、ミネラルウォーターは「飲食料品」に該当するため、軽減税率8%が適用されます。

分類 軽減税率の適用 消費税率
水道水 なし 10%
ミネラルウォーター あり 8%
芦屋会計
水道水は、飲料水としてだけでなく、食器洗浄、洗濯、お風呂などにも利用できることから軽減税率の対象外とされています。

ライフラインの一部には経過措置が適用される

2019年10月1日から消費税増税により税率が8% → 10%に変更される予定です。

しかし、ライフラインの一部である

  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 電話代
  • 灯油代
  • 温泉に係る料金

などについては、経過措置により消費税率10%の適用に若干のズレがあります。

具体的には、2019年10月1日から2019年10月31日までの間に料金が確定したものに関しては、消費税率8%が適用されます。

芦屋会計
例えば、2019年10月10日に電気の検針により料金が確定した場合、消費税は8%となります。

消費税増税10%に伴う「経過措置」を分かりやすく解説

2019.02.12

最後に

消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。

軽減税率の対象となるのは、

  • 飲食料品(外食・お酒を除く)
  • 新聞

の2種類です。

いくら日常生活を営む上で必須であっても政府の意向により「ライフライン」は軽減税率の対象外となります。

その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

軽減税率とは?ややこしい対象商品・品目を総まとめ

2019.08.26

また、消費税増税および軽減税率と合わせて導入された最大5%の「キャッシュレス・ポイント還元事業」も合わせてご覧ください。

消費税のポイント還元とは?キャッシュレス決済で最大5%【理由も解説】

2019.03.14

※記事の執筆には細心の注意を払っておりますが、誤植等がある場合がございます。なお、執筆時から税法の改正等がある場合がございますので、最新の税法については顧問税理士等にご確認ください。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

近畿エリアで税理士をお探しならお任せください!

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

>節税に強い税理士事務所「芦屋会計事務所」の顧問料金表はこちら

初年度決算料0円!税理士の変更は難しくありません!

このような不満はありませんか?

  • ・サービスの割に料金が高すぎる。
  • ・節税の仕方を教えてくれない、アドバイスがない。
  • ・雰囲気・年齢が合わない、話しづらい。
  • ・質問・相談に対する回答が遅い。
  • ・税務調査の対応に不満・不安を感じる。

私たち芦屋会計事務所はこのような不満を解消致します!

当然、当然、税理士の変更に不安はつきものです。

このような不安やリスクを解消し、弊所サービスをよく知って頂くきっかけとして、初年度決算料0円としました。

現在の税理士事務所と比較してみて下さい。

顧問税理士を変更したい方はこちら

 

関連記事

  1. 赤字でも消費税はかかる!?免除になる条件とは
  2. 【消費税】インボイス方式で免税事業者からの仕入税額控除が廃止に
  3. 消費税10%増税!軽減税率・キャッシュレスポイント還元を徹底解説…
  4. 消費税の「不課税」「非課税」「免税」の違いを分かりやすく解説
  5. 【消費税】ホテルのルームサービスは軽減税率の対象?
  6. 【消費税】医薬品・医薬部外品等は軽減税率の対象?
  7. 軽減税率とは?ややこしい対象商品・品目を総まとめ
  8. 郵便切手代は消費税の課税対象?非課税?

運営事務所

大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

お問い合わせ >

PAGE TOP