【軽減税率】消費税の税額計算の特例措置を解説【中小事業者向け】

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定です。

今回、注目したいのは、1989年の消費税導入以来、初めて導入される”軽減税率”

軽減税率とは、食料品など「生活に最低限必要なもの」については、消費税を軽減する制度を言います。

軽減税率(8%)と標準税率(10%)の適用について表にまとめると次のようになります。

分類 軽減税率の適用 消費税率
飲食料品 あり 8%
新聞 あり 8%
医薬品・医薬部外品等 なし 10%
酒類 なし 10%

これまで一律だった消費税率が「商品の種類」によって変わってくることが分かります。

軽減税率の導入は消費者だけでなく、事業者にとっても影響が大きい出来事です。

その1つが消費税の納税額を算出するときに「標準税率10%」「軽減税率8%」を区分して計算する必要がある点です。

この記事では、2019年10月1日の軽減税率の導入後、中小業者に認められる消費税額の計算方法の特定措置について解説していきます。

軽減税率で消費税額の計算方法が変わる

2019年10月1日以降の軽減税率導入により消費税額の計算方法も変わります。

通常、消費税額の計算は、次のようになります。

消費税額 =「売上にかかる消費税額 - 仕入にかかる消費税額」 = 「売上額 × 消費税率 - 仕入額 × 消費税率」

例えば、売上高2,160万円、仕入高1,296万円の会社があったとすると、

消費税額 = 2,160万円 × 8% - 1,296万円 × 8% = 160万円 - 96万円 = 64万円

と計算することができ、そこまで複雑なわけではありません。

しかし、2019年10月1日以降の軽減税率導入後は「消費税率8%」「消費税率10%」を区分して計算しなければならず、取引の仕訳などの経理業務が複雑化します。

芦屋会計
例えば、売上高2,160円、仕入高1,296万円の中でも

  • 軽減税率8%の売上は1,000万円、仕入れは600万円
  • 標準税率10%の売上は1,160万円、仕入れは696万円

といったように区分をして、それぞれの「売上にかかる消費税額」と「仕入れにかかる消費税額」を算出しなければなりません。

税額計算の特例措置

当然のことながら、標準税率10%と軽減税率8%が混在することから会計システムも変更を余儀なくされます。

一応は、国では中小事業者の軽減税率対応を後押しするために

  • 複数税率対応レジ
  • 電子的受発注システム
  • 請求書管理システム

などの導入・改修・入替に対して、掛かった費用の3/4程度を補助金として支援します。

しかし、日々ギリギリの資金繰りで経営している中小事業者にとっては、それでも大きな負担になり得ます。

【消費税】レジ導入等に軽減税率対策補助金を活用!最大1000万円

2019.07.06

そのような中小事業者の事情を考慮して、2019年10月1日から一定期間は、消費税額の計算方法に2つの特例措置を適用できます。

芦屋会計
中小事業者とは、前々年または前々事業年度の課税売上高が5,000万円以下の事業者(個人事業主・法人)のことを言います。

1、売上税額の計算の特例

売上税額の計算の特例とは、売上の一定割合を”軽減税率対象品目”とみなして売上税額を計算できる特例です。

これにより売上高に占める「標準税率10%」と「軽減税率8%」の割合を求めることができます。

対象

売上を消費税率ごとに区別することが困難な中小事業者が対象となります。

※計算方法の1つである「小売等軽減仕入割合の特例」は、簡易課税制度と併用できません。

適用期間

特例の適用期間は、軽減税率導入後の4年間(2019年10月1日 〜 2023年9月30日までの期間)となります。

計算方法

売上に占める「軽減税率対象品目の割合」を計算する方法は、次の3つです。

(1)小売等軽減仕入割合の特例

「卸売業・小売業」かつ「仕入れの区分」ができる中小事業者が利用できる特例です。

軽減税率対象品目の”仕入れ”の割合で計算する方法となります。

軽減税率対象品目の割合 = 軽減税率対象品目の仕入額 ÷ 仕入総額

例えば、仕入総額が2,000万円、そのうち軽減税率対象品目の仕入高を800万円とすると、

軽減税率対象品目の割合 = 軽減税率対象品目の仕入額 ÷ 仕入総額 = 800万円 ÷ 2,000万円 = 0.4 = 40%

と計算できます。

芦屋会計
ことのき、売上総額を3,000万円とすれば、

  • 軽減税率8%の売上高は1,200万円(= 3,000万円 × 40%)
  • 標準税率10%の売上高は1,800万円(= 3,000万円 × 60%)

と求めることができます。

(2)軽減売上割合の特例

(1)以外の中小事業者が利用できる特例です。

通常の連続する10営業日の軽減税率対象品目の売上割合で計算する方法となります。

※事業者の任意で10営業日を選択できますが、特別な催しがあった日は含むことはできません。

軽減税率対象品目の割合 = 通常の連続する10営業日の軽減税率対象品目の売上額 ÷ 通常の連続する10営業日の売上額

例えば、通常の連続する10営業日の売上高が120万円、そのうち軽減税率対象品目の売上高を48万円とすると、

軽減税率対象品目の割合 = 通常の連続する10営業日の軽減税率対象品目の売上額 ÷ 通常の連続する10営業日の売上額 = 120万円 ÷ 48万円 = 0.4 = 40%

と計算できます。

芦屋会計
ことのき、売上総額を3,000万円とすれば、

  • 軽減税率8%の売上高は1,200万円(= 3,000万円 × 40%)
  • 標準税率10%の売上高は1,800万円(= 3,000万円 × 60%)

と求めることができます。

(3)50%の特例

(1)(2)の計算が困難な中小事業者が利用できる特例です。

課税売上高の50%を軽減税率対象品目として計算する方法となります。

軽減税率対象品目の割合 = 50%

芦屋会計
ことのき、売上総額を3,000万円とすれば、

  • 軽減税率8%の売上高は1,500万円(= 3,000万円 × 50%)
  • 標準税率10%の売上高は1,500万円(= 3,000万円 × 50%)

と求めることができます。

2、仕入税額の計算の特例

仕入税額の売上の特例とは、仕入れの一定割合を”軽減税率対象品目”とみなして仕入税額を計算できる特例です。

これにより仕入額に占める「標準税率10%」と「軽減税率8%」の割合を求めることができます。

対象

仕入れを消費税率ごとに区別することが困難な卸売業・小売業を営む中小事業者が対象となります。

※売上税額の計算の特例の「小売等軽減仕入割合の特例」および簡易課税制度と併用できません。

適用期間

特例の適用期間は、軽減税率導入後の1年間(2019年10月1日 〜 2020年9月30日までの期間)となります。

計算方法

仕入に占める「軽減税率対象品目の割合」を計算する方法は、次のとおりです。

(1)小売等軽減売上割合の特例

軽減税率対象品目の”売上”の割合で計算する方法となります。

軽減税率対象品目の割合 = 軽減税率対象品目の売上額 ÷ 売上総額

例えば、売上総額が2,000万円、そのうち軽減税率対象品目の売上高を800万円とすると、

軽減税率対象品目の割合 = 軽減税率対象品目の仕入額 ÷ 仕入総額 = 800万円 ÷ 2,000万円 = 0.4 = 40%

と計算できます。

芦屋会計
ことのき、仕入総額を1,000万円とすれば、

  • 軽減税率8%の仕入高は400万円(= 1,000万円 × 40%)
  • 標準税率10%の仕入高は600万円(= 1,000万円 × 60%)

と求めることができます。

(2)簡易課税制度

業種ごとに定められる”みなし仕入率”を用いて、売上高から仕入税額を計算する方法になります。

詳しくは、次の記事をご覧ください。

簡易課税とは?売上5000万円以下なら消費税を節税できる可能性あり

2018.06.08

まとめ

税額計算の特例措置をまとめると次のとおりです。

売上税額の計算の特例
(2019年10月1日〜2023年9月30日まで)
特例の種類 小売業・卸売業 その他の業種 簡易課税制度
小売等軽減仕入割合の特例 併用不可
軽減売上割合の特例 併用可能
50%の特例 併用可能
仕入税額の計算の特例
(2019年10月1日〜2020年9月30日まで)
特例の種類 小売業・卸売業 その他の業種 簡易課税制度
小売等軽減売上割合の特例 併用不可

今回解説した特例措置は、売上額および仕入高の「標準税率10%」と「軽減税率8%」の区分が困難な中小事業者のために設けられています。

あくまでも特例措置のため期間限定にはなりますが、軽減税率導入後の経理業務が適切にできる体制が整うまでは積極的に活用すると良いでしょう。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

無料相談・お見積りはこちら

>芦屋会計事務所の顧問料金表はこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

関連記事

  1. 小規模企業共済の掛金を減額するデメリット
  2. 役員報酬は確定申告が必要?源泉徴収や年末調整周りの疑問を解決
  3. 役員報酬の未払い金は損金算入できる?源泉徴収の扱い方も解説
  4. 【消費税】サプリメントや健康食品って軽減税率の対象?
  5. 出国税とは?一律1000円の徴収方法と免除要件、目的・使い道など…
  6. 倒産防止共済の減額・払い止め手続き・要件を解説
  7. 【倒産防止共済】個人事業主の不動産賃貸業は節税効果がゼロ!法人化…
  8. 【消費税】デリバリー(出前や宅配)は軽減税率の対象?

PAGE TOP