役員報酬の変更時期に注意!原則、期首から3ヶ月以内のみ可能

会社を設立して社長になると、給与の代わりに"役員報酬"を受け取ることになります。この役員報酬は、社長であるあなた自身が自由に決めるこ…

知ってる?延滞税は「予納制度」で減らせます

税金の納付が遅れた日数に応じて、年利2.6〜8.9%(平成30年)の税率で発生する"延滞税"税務調査で過去の申告書に誤りが見つかった…

税務調査の延滞税とは?計算方法と具体例・シュミレーション

税務調査で過去の申告内容に誤りが見つかり「修正申告」や「更生」の手続きをとった。その場合、加算税(過少申告加算税 、無申告加算税、重…

税務調査の法的根拠「質問検査権」とは?

経営者なら誰だって経験する可能性のある"税務調査"税務調査とは、徴税機関(国税庁、税務署)が納税者の申告内容に不正や誤りがないかを調…

税務調査で黙秘権は行使できるの?

刑事事件のテレビドラマや映画で耳にすることのある"黙秘権"黙秘権(もくひけん)とは、警察官や検察官からの取り調べに対して、終始黙って…

税務調査で売上漏れが発覚!最大40%の重加算税も

税務調査で厳しくチェックされる項目の一つに"売上漏れ"があげらます。売上漏れとは、実際は売上があったにもかかわらず、帳簿に記録されて…

税務調査で嘘はダメ!最大で1年間の懲役または50万円の罰則も

税務調査で嘘をついてしまったら、どうなるのだろう?税務調査官は、年間何十件も税務調査をするプロであり、嘘やごまかしは簡単に見破ってき…

不服申し立て「審査請求」の認容率は8.2%

税務調査後の更正処分(追徴課税、青色申告の取り消しなど)に納得できない。そんなときは、処分の取り消しや変更を求めて不服申し立てをする…

税務調査後に「再調査」が実施されることはあるの?

心配していた税務調査がやっと終わった!でも、これで本当に終わりでしょうか?一度終了した税務調査が「再調査」されることはないの…

税務調査の不服申し立て「再調査の請求」と「審査請求」の違いを徹底解説

税務調査後の更正処分(追徴課税、青色申告の取り消しなど)に納得できない場合、処分の取り消しや変更、再調査を求めて不服申し立てをすることができ…

税務調査の「修正申告」と「更生」の違いを徹底解説

税務調査で過去の申告内容に誤りが見つかった場合、 修正申告 更生のいずれかの手続きをとることになります。では…

税務調査前に自主的に「修正申告」を提出するメリットとは?

「税務調査にお伺いしてもよろしいでしょうか?」税務署から税務調査の事前通知を受けたときは、必要書類の準備や見直し作業を行うことになり…

税務調査がアポなし(無予告調査)で入った時の正しい対処法

ある朝のこと。玄関のチャイムが鳴り、扉を開けると税務調査官が立っている。そして、「本日は、◯◯会社の法人税について調査にお伺…

税務調査の追徴課税が払えない場合ってどうなるの?

税務調査などで「申告漏れ」や「所得隠し」が見つかると、その罰金(ペナルティ)として、 過少申告加算税 無申告加算税 重…

税務調査は「お土産なし」でも大丈夫?

「税務調査では、お土産を用意しておく必要がある。」そんな都市伝説がまことしやかに語られていおり、実際にYahoo・Googleで「税…

1 9 10 11 12 13

所長のごあいさつ

こんにちは、芦屋会計事務所 代表税理士の椎名哲士です。

このホームページは中小企業の経営者の方々やこれから起業しようとする方を支援させていただくために作りました。常に新しい情報を追加する予定です。

このサイトで、あなた様が経営についてのヒントを少しでも見つけていただけたら、私達の目的は達成します。

所長のごあいさつ >

運営事務所

顧問料1万円からの会計事務所
大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP