【消費税】軽減税率は日用品も対象?洗剤・トイレットペーパー・生理用品・おむつなど

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定です。

それに伴い1989年の消費税導入以来、初めてとなる軽減税率が導入されます。

軽減税率とは、食料品など「生活に最低限必要なもの」については、消費税を軽減する制度を言います。

ここで気になってくるのが、日常生活で必要となってくる”日用品”も軽減税率の対象になってくるのかどうかです。

日用品は軽減税率の対象ではない

先に結論を言っておくと、日用品は軽減税率の対象にはなりません。

そのため、消費税増税および軽減税率の導入後は、標準税率10%が適用されることになります。

日用品の例

2019年10月から消費税率10%が適用される日用品は次のとおりです。

衛生用品
紙製品 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、キッチンペーパー、ウェットティッシュ、紙おむつなど
生理用品 ナプキン、タンポン、軽失禁用品、ライナーなど
医療品 絆創膏、ガーゼ、サポーター、マスク、包帯、医療用テープ、医療機器(血圧計・測定器など)、体温計、磁気治療品、使い捨てカイロなど
洗剤
洗濯用洗剤 粉石鹸、衣類用漂白剤、柔軟仕上げ剤、ホームクリーニング洗剤、部分洗い用洗剤、のり剤、衣類用消臭剤、靴用洗剤、洗濯槽クリーナーなど
住宅用洗剤 タイル用、床用、油汚れ用、ガラス用、パイプ用など
台所用洗剤 食器用、クレンザー、食器用漂白剤、ポット洗浄剤など
風呂用洗剤 風呂釜用、排水溝用など
トイレ用洗剤 便器用、タンク用など
家庭日用品
台所用品 たわし、スポンジ、キッチンペーパー、手ぬぐい、食器、調理器具、ラッピングフィルム、アルミホイル、水切り袋、冷蔵庫脱臭剤、廃油処理剤など
風呂用品 スポンジ、ボディタオル、ボディブラシ、洗顔ネット、風呂マット、風呂ふたなど
トイレ用品 トイレブラシ、ペーパーホルダー、便座カバーなど
洗濯用品 ピンチ、物干しハンガー、くずとりネット、洗濯用ネット、ビニール手袋、物干しスタンドなど
掃除用品 ゴミ袋、化学雑巾、粘着ローラー、ダスター、収納シート、モップ、ほうき、チリトリ、ぞうきんなど
オーラルケア用品
オーラルケア用品 歯磨き粉、ホワイトニング、歯ブラシ、歯間ブラシ、舌クリーナー、洗口液、口中清涼剤、義歯用品など
トイレタリー用品
ボディケア用品 固形石鹸、ハンドソープ、ボディソープなど
スキンケア用品 ハンドクリーム、リップクリーム、日焼け止めクリーム、ローション、制汗剤など
ヘアケア用品 シャンプー、コンディショナー、ヘアカラー、ヘアスプレー、ヘアワックス、育毛剤など
フェイスケア用品 洗顔フォーム、化粧水、乳液、美容液、メイク落とし、クレンジングオイルなど
シェーピング用品 カミソリ、カミソリ替え刃、むだ毛処理用剃刀、シェービングフォーム、シェーピングジェルなど
その他 入浴剤、アロマ用品、トラベル用品
化粧品
化粧品 口紅、ファンデーション、アイシャドウ、マスカラ、美白美容液、化粧水、乳液、保湿パック、ネイラーなど
化粧小物 化粧コットン、化粧パフ、手鏡、櫛、ビューラー、眉毛ばさみ、毛抜きなど
家庭用化学製品
殺虫剤及び関連日用品 蚊取り類、虫除け、スプレー剤、捕獲器、ベイト剤、燻煙剤など
防虫剤 タンス用、クローゼット用、収納ケース用など
除湿剤 押し入れ用、靴箱用など
消臭剤・芳香剤 リビング用、トイレ用、衣類用、車内用など

軽減税率の対象商品

2019年10月1日から軽減税率が適用される商品は、原則として「食料品」と「新聞」の2種類となります。

分類 軽減税率の適用 消費税率
飲食料品 あり 8%
新聞 あり 8%
医薬品・医薬部外品等 なし 10%
酒類 なし 10%

飲食料品については、お酒・アルコールは対象から除外されます。

【消費税】お酒・アルコールは軽減税率の対象?ワイン・ノンアルコールビール・みりんなど

2019.06.17

新聞については、1週に2回以上発行する新聞という条件付きで軽減税率が適用されます。

【消費税】新聞は軽減税率の対象?電子版・書籍・雑誌など

2019.06.18

最後に

消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。

日用品は、日常生活には欠かせないものですが、軽減税率からは除外されているので注意が必要です。

軽減税率対象商品の取り扱い店は、消費税の導入をスムーズに行うための経過措置と合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきましょう。

低価格で質の高いサービスを月額1万円から

弊社は、”低価格で質の高いサービス”をモットーに700件の顧客先に対して、平均35%の削減実績がございます。

  • ・会社にお金を残す"節税対策"
  • ・銀行融資や与信に有利な"決算書の作成"
  • ・補助金・助成金を活かした無駄のない"会社設立"
  • ・追徴課税の回避や心理的負担を減らす"税務調査対策"

など、私たちなら可能です。

お客様とのコミュニケーションを重視しながら、税務に精通した専門スタッフが誠心誠意サポートさせていただきます。

直接電話またはメールフォームでお問い合わせください。

無料相談・お見積りはこちら

>芦屋会計事務所の顧問料金表はこちら

最大50%!節税ノウハウを詰め込んだ小冊子(無料)

せっかく利益を伸ばしたのに、ガッツリ税金で持っていかれた・・・。

合法的に税金を安くして、少しでも手元に多くのお金を残したいけど、どうすればいいのだろう?

この小冊子には、700社への顧問実績に裏付けられた「決算で損をしない方法」を詰め込みました。

是非、貴社の発展のためにご活用ください。


詳細はこちら

関連記事

  1. 【税金】PayPayの還元額は課税されるの?確定申告が必要になる…
  2. 【軽減税率】消費税の税額計算の特例措置を解説【中小事業者向け】
  3. 役員報酬の最低額はいくら?無報酬0円でも問題ない?
  4. 【2019年度】ふるさと納税の新制度でルール変更!寄付金の3割・…
  5. 【消費税】ウォーターサーバーは軽減税率の対象?
  6. 【消費税】コンビニのイートインは軽減税率の対象?外食とテイクアウ…
  7. 【倒産防止共済】個人事業主の不動産賃貸業は節税効果がゼロ!法人化…
  8. 役員報酬の上限・限度額とは?「不相当に高額」な場合は損金不算入

PAGE TOP