【消費税】軽減税率で請求書等の書き方が変わる!記載例・サンプルあり

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定です。今回、注目したいのは、1989年…

役員報酬を代表取締役に一任する手続き方法【議事録の書き方】

社長や役員(取締役や監査役など)が受け取る給与の代わりとなる”役員報酬”役員報酬を決めるときは、 役員報酬の増減による会社…

【消費税】レジ導入等に軽減税率対策補助金を活用!最大1000万円

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。今回、注目したいのは、…

【消費税】ネット通販の送料・配送料は軽減税率の対象?

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。今回、注目したいのは、…

【消費税】新聞は軽減税率の対象?電子版・書籍・雑誌など

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。今回、注目したいのは、…

【消費税】お酒・アルコールは軽減税率の対象?ワイン・ノンアルコールビール・みりんなど

今回、注目したいのは、1989年の消費税導入以来、初めて導入される軽減税率です。軽減税率とは、食料品など「生活に最低限必要なもの」に…

【消費税】ウォーターサーバーは軽減税率の対象?

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。今回、注目したいのは、…

小規模企業共済は法人成りで解約すべき?そのまま?

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である"小規模企業共済"掛金の全額(最大で年間84万円)を所得控除できるだけで…

小規模企業共済は20年未満の任意解約(解約手当金)で元本割れする

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である"小規模企業共済"小規模企業共済を活用することで、掛金の全額(最大で年間…

小規模企業共済の掛金を減額するデメリット

個人事業主やフリーランス、小さな会社のための退職金制度である"小規模企業共済"掛金の全額(最大で年間84万円)を所得控除できるだけで…

NPO法人で役員報酬を支給できるのは「役員総数の3分の1」まで

起業をするとき数ある法人形態から選ぶことになりますが、その1つが"NPO法人"となります。NPO法人とは、社会的利益の追求を目的とし…

役員報酬の住民税を解説!計算方法・税率・節税方法まとめ

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。では、この役員報酬にかかってくる税金には、どのような…

【2019年度】ふるさと納税の新制度でルール変更!寄付金の3割・地場産品など

2019年6月1日、ふるさと納税の新制度がスタートします。これに伴い、自治体が"ふるさと納税"をしてくれた人に対して、感謝の意味を込…

役員報酬の所得税を解説!計算方法・税率・節税方法まとめ

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。では、この役員報酬にかかってくる税金には、どのような…

役員報酬の手取りを増やす5つの節税対策

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。役員報酬は、従業員が受け取る”給与”と同じく、税法上…

1 6 7 8 9 10 13

所長のごあいさつ

こんにちは、芦屋会計事務所 代表税理士の椎名哲士です。

このホームページは中小企業の経営者の方々やこれから起業しようとする方を支援させていただくために作りました。常に新しい情報を追加する予定です。

このサイトで、あなた様が経営についてのヒントを少しでも見つけていただけたら、私達の目的は達成します。

所長のごあいさつ >

運営事務所

顧問料1万円からの会計事務所
大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP