【消費税】サプリメントや健康食品って軽減税率の対象?

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。今回、注目したいのは、…

【税金】PayPayの還元額は課税されるの?確定申告が必要になるケースも

スマートフォンの画面を提示して支払いができるQRコード決済サービス"PayPay(ペイペイ)"昨年12月4日から10日間にわたって実…

消費税のポイント還元とは?キャッシュレス決済で最大5%【理由も解説】

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定です。それに伴い、政府は、消費税増税後…

役員報酬50万円の手取り額は?所得税・住民税・社会保険料の内訳

会社を設立して社長になると、給与の代わりに”役員報酬“を受け取ることになります。役員報酬は、従業員が受け取る”給与”と同じく、税法上…

【消費税】デリバリー(出前や宅配)は軽減税率の対象?

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。今回、注目したいのは、…

【消費税】有料老人ホームは軽減税率の対象!1食あたり上限640円に注意

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。今回、注目したいのは、…

【消費税】コンビニのイートインは軽減税率の対象?外食とテイクアウトの定義

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。今回、注目したいのは、…

消費税増税10%に伴う「経過措置」を分かりやすく解説

2019年10月1日以降、消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられる予定となっています。消費税は、モノやサービ…

倒産防止共済の節税効果は?年間240万円を全額損金できる

経営者の皆さん、倒産防止共済(経営セーフティ共済)ってご存知でしょうか?倒産防止共済を活用することで、不測の事態が発生したとき、無担…

【役員報酬の決め方】社会保険に加入できる最低額はいくら?

社長や役員が受け取る給与の代わりとなる”役員報酬”この役員報酬は、原則、毎月同じ金額を支給しなければならず、一度決めてしまうと後から…

病気や入院で役員報酬の減額はできる?

社長や役員が受け取る給与の代わりとなる”役員報酬”この役員報酬は、原則、毎月同じ金額を支給しなければならず、一度決めてしまうと後から…

【節税対策】役員報酬と別に通勤手当を支給しても損金算入できます

自宅から会社までの通勤にかかる費用を支給する"通勤手当"通勤手当には「所得税」「住民税」が非課税になるメリットがあり、個人の税負担を…

役員報酬の上限・限度額とは?「不相当に高額」な場合は損金不算入

会社を一人で起業した場合、一定の制約(役員報酬の変更時期に注意!原則、期首から3ヶ月以内のみ可能)はあるものの、基本的には役員報酬を自由に決…

出国税とは?一律1000円の徴収方法と免除要件、目的・使い道など徹底解説

1月7日、日本でも出国税(正式名称:国際観光旅客税)の適用がスタートしました。これからは、日本から出国するときに一律1,000円の税…

妻を社会保険の扶養範囲にするなら「非常勤役員」「年収130万円未満」にするべし

同族会社(家族経営の会社)では、妻を役員としているケースが多くあります。なぜなら、妻を役員にすることで所得分散することができ、結果的…

1 6 7 8 9 10 11

所長のごあいさつ

こんにちは、芦屋会計事務所 代表税理士の椎名哲士です。

このホームページは中小企業の経営者の方々やこれから起業しようとする方を支援させていただくために作りました。常に新しい情報を追加する予定です。

このサイトで、あなた様が経営についてのヒントを少しでも見つけていただけたら、私達の目的は達成します。

所長のごあいさつ >

運営事務所

顧問料1万円からの会計事務所
大阪、京都、神戸で税理士事務所を探しているなら節税対策に強い「芦屋会計事務所」にお任せください。

事務所案内 >

スタッフ紹介 >

お問い合わせ >

PAGE TOP